貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

【絶対恋人が欲しい人向け】ブスやデブでも必ずモテるただ1つのモテ技

こんにちは。アラサー薄給OLのハナです。
筆者は昨年、人生3度目のモテ期でどうにかこうにか理想の恋人をゲットしました。

 

当時3年同棲した元カレと別れたばかりの筆者は、3年以上恋愛とはご無沙汰でした。
恋人の作り方すら忘れかけだった筆者ですが、そろそろ結婚を真剣に考えたい年齢。。。妥協で彼氏を作っては長続きしそうにないですし、後悔が残りそう。。。

 

とにかく「たくさんの男性にモテて、その中から自分にとって最高の男性を選びたい!」という思いに至り、実践しました。

 

この記事では、

  • 異性を複数の中から選ぶべき理由
  • ブスやデブでも必ずモテる究極のモテ技

をご紹介します!


恋人が欲しいなら、複数の異性から「選ぶ」べきだ

恋人ができない人は、ターゲットをひとりに絞るタイミングが早すぎる!

f:id:senaharu:20180720164303j:plain

ちゃんと異性に告白したり、食事に誘ったりなどの必要なアクションを起こしているのに、全然恋人ができない人がいます。
そういう人は、総じてターゲットをひとりに絞るのが早すぎます。

 

もちろん、「この人のことが大好き!彼のことしか考えられない!」くらい惚れ込んでしまったのであれば、迷わず相手にアタックするべきです。
しかし、もしもあなたが「この人、感じいいな」「この人タイプだな~」程度の温度感でいるのなら、その人だけに照準を絞るのは早すぎるかもしれません。

 

何故かと言うと、あなたの視野が狭い状態にある可能性があるからです。

少し例を挙げます。


仕事で忙しく出会いのない男性は、キャバクラで働く女性やコンビニ店員の女の子にすら恋心を抱きやすいです。
もちろんその女性達が絶世の美女で彼を虜にする魅力があるのかもしれません。
しかし多くの場合は、他に話す女性、繰り返し顔を見る女性が身近にいないから、そういうお店の女の子に好意を持ってしまうのです。

 

女性の場合も同じことが言えます。
仕事が忙しくて出会いがないと、職場や習い事の中という狭いコミュニティの中の男性に目が行きがちになります。

平たく言うと、好意を持てる異性の選択肢がほとんどない状態です。

 

そんなに少ない選択肢、コミュニティの中で、あなたにとっての最高の恋人は果たして見つかるでしょうか?
知らないうちに妥協して相手を口説いたりしていませんか?


好みでない人から告白されたら、どうする?

f:id:senaharu:20180720164751j:plain

逆のパターンもあります。
あなたが「妥協された側」になる場合ということです。

 

狭いコミュニティ、少ない選択肢の中にいる異性から、「付き合って」と告白されたとします。
あなたが相手のことを好きで好きでたまらないというなら願ったり叶ったりですが、相手は妥協した上であなたを口説いてきたとしたらどうでしょう?

 

「なかなか恋人ができない」
「自分に自信がない」

 

そんな人は世の中に五万といます。あなた以外にもたくさんいます。

そんな中、妥協の結果告白され、あなた自身「まあいいか…」という妥協でお付き合いを始めるのはあまり良いお付き合いの流れではありませんよね。
もちろん良い方向に転ぶこともあるとは思いますが、基本的には互いに妥協で始まる恋人関係は理想と現実のギャップに苦しむことになります。


理想は複数の異性からあなたの意志で「この人がいい」と相手を選ぶこと

f:id:senaharu:20180720164927j:plain

身の回りのいろいろな異性の中から、「この人が好き」「この人が素敵」とあなたの意志で選ぶことが大切です。

 

筆者は過去に自分から男性にアプローチしたこともありましたが、狭いコミュニティの中で相手を探し、失礼ながら妥協した男性とは上手くいきませんでした。
相手から告白されて、「まあ良い人だしいいかな」と妥協してお付き合いした場合も、あまり楽しくありませんでした。

 

自分から告白するにしても、相手の告白を受け入れるにしても、あなた自身が「この人がいいな」と選べなければ幸福感が得られにくいのです。

では、たくさんの異性の中からひとりを選んで恋人を作るには、どうすれば良いのでしょうか?


ブスやデブでもモテるにはズバリ!○○○を増やすこと!

分かりやすく「ブス」「デブ」という表現を使いましたが、要するにモテたい誰もが実践可能な方法があります。

それは、所属するコミュニティを増やすことです。


コミュニティはどうやって増やす??

f:id:senaharu:20180720164443p:plain

例えば、あなたが普段仕事と家の往復しかしていないのであれば、コミュニティは

  • 職場

これだけになってしまいます。


所属するコミュニティを増やすとはとても簡単なことです。
ざっと思いつくものを挙げるだけでも、これくらいあります。

 

  • 職場
  • サークル
  • 部活
  • 習い事
  • 飲み会
  • 合コン
  • オフ会
  • 友人や同僚の紹介

 

例えば、筆者は以前職場の中で流行っていたあるスポーツのグループに所属していました。
習い事は、英会話などの知識や資格系だけでなく、楽器スポーツなど幅広いところから探せます。
筆者も一度だけとあるオフ会に行ったことがありますが、大規模なオフ会であれば異性だけでなく同性の友達も多くできますし、「次回は二人で飲みに行きましょう」という流れも作りやすいです。
友人や同僚に社交的で顔の広い人がいるならば、飲み会や遊びを企画してもらうのもいいでしょう。


「出会いが増えても、俺(私)じゃモテない」は大間違い!

f:id:senaharu:20180720164505j:plain

自分が所属するコミュニティを増やすことで出会いのチャンスが広がることは、あなたも気付いたと思います。
しかし、あまりモテた経験のない人は、

 

「いや、俺(私)はモテないから、出会いが増えたところで…」

 

と苦笑いしがちです。
謙遜の美学や自信喪失から卑屈になりたくなる気持ちは、筆者にもよく分かります。
しかし、筆者が「所属コミュニティを増やして!」と言っているのは、なにも「出会いの数が増えるから」だけではありません。

 

最大の目的は、
あなたの魅力がより発揮されやすいコミュニティにいてほしい
ということです。

 

コミュニティによってあなたの人間的な魅力の見え方が違う

f:id:senaharu:20180720164538j:plain

昨年モテ期を経験した、筆者の例を挙げます。

 

一昨年までの筆者のコミュニティ

  • 職場
  • 趣味

 

職場はとある支店で、在籍人数8名(男性は既婚者のみ)。
趣味は若い女の子だけで盛り上がるようなジャンルのものでした。
当時はまだ関東に越してきて浅かったので、男女ともに友達がほとんどいなかったことも原因のひとつかもしれません。

 

昨年の筆者のコミュニティ

  • 職場
  • サークル
  • アルバイト(副業)
  • オフ会

 

業界ごと転職した結果、職場の男女比は7:3に。
しかも若い女性はさらにその1/3程度で、独身男性は全体の半数ほどでした。
職場の中の数名で結成されたスポーツのグループに誘われ、週2日は独身男性と仕事外の交流がありました。

 

どうでしょうか?
コミュニティの数が増えただけでなく、それぞれのコミュニティでの筆者の立ち居地も微妙に違います。

例えば、


職場
若くオシャレして出社する女性が少ない

サークル
メンバーは5名ほどだが、女性は筆者だけ

アルバイト(副業)
筆者よりも若くて可愛い女性がたくさんいる

オフ会
男女比が2:8で、筆者よりも若くて可愛い女性がたくさんいる

 

こんな具合でした。
この頃の筆者はモテ期でしたが、主にモテていたのは職場と職場のサークルの中です。

つまり、どのコミュニティに属するかで、同じ人間でも「どれくらい魅力的に見えるか」が大きく変わってくるのです。


自分が魅力的に見えるコミュニティに多く所属しよう

f:id:senaharu:20180720164700j:plain

コミュニティを増やすと言っても、時間やお金や大量は有限です。
多少は効率の良さを気にした方が良いでしょう。

 

あなたが「今すぐに素敵な彼氏が欲しい!」女性だとします。
習い事に料理教室を選んでも出会える男性は少ないですし、ダイエットや美容のオフ会に参加しても参加者は女性が多いでしょう。

 

出会える異性が多く、ライバルとなる同性が少なそうなコミュニティが一番効率が良いですよね。
今から探すなら、せめて男女比半々くらいのコミュニティを意識しましょう。

 

筆者が新卒の頃勤めていたブラック企業では、
美人な事務員たちが、稼いでいる役職者(支店長クラス以上)を順番に落として結婚に至っていました。
筆者が知っているだけで4組はいたような…。

 

でもそれって、
職場(支店)というコミュニティの中で

一番美しい女 と 一番稼いでいる男

がカップルになっているわけですから、すごく自然なことなのです。


コミュニティの中でカップルが成立するのは、基本的には同レベルの人間同士が惹かれあうからです。

ですから、あなたの魅力が少しでも発揮されるコミュニティに所属するべきなのです。


自分の魅力を小さく見て、妥協した異性を選んではいけない

f:id:senaharu:20180720164606j:plain

前述しましたが、恋人が欲しいからといって妥協した異性を口説くのはあまり良い手段ではありません。
妥協したことによる不満が、必ず後々になって噴出して上手くいかなくなるからです。

 

とは言え、先ほど筆者は

コミュニティの中でカップルが成立するのは、基本的には同レベルの人間同士が惹かれあう


とも説明しました。

 

しかし、人の魅力は千差万別で相手に自分の何がビビッと刺さるかはわかりません。
そのチャンスや可能性を増やすために、所属するコミュニティの数を増やすことが理想なのです。


まとめ:モテたければ、所属するコミュニティの数を増やす。なおかつ自分が魅力的に見えるコミュニティを探す

 f:id:senaharu:20180720165110j:plain

いかがでしたか?
きちんと方向性の合っている自分磨きはとてもいいことですが、やみくもに自分磨きしたり変われないまま時間が過ぎていくのはもったいないことです。

今すぐに、所属するコミュニティを増やしましょう。

 

その中で、「あ、ここはライバルが少ないな」「ここは私を魅力的に見せてくれるな」というコミュニティがあるのなら、そこに一番時間や労力を割きましょう。

 

筆者の周りには【恋人いない暦=年齢】な人が何人かいます。
正直なところ、この記事で紹介したことを実践すれば間違いなく恋人ができるだろうにと勿体なく思います。

 

婚活・モテ系記事は他にこんなものがあります!

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

 

結婚の決め手を「収入&仕事」とするなら、気をつけたい2つのポイント

こんにちは。28歳独身OLのハナです。
筆者はどうにか20代での結婚をと、慌しい日々を送っております。

 

来年入籍を予定している筆者ですが、最近ふと結婚の決め手ってなんだろう」と考えるようになりました。

 

周りの既婚女性やネットの意見を見てみても、やはり多くの人が夫の条件に「収入&仕事」を上げますよね。

 

そこでこの記事では、

  • 結婚の決め手を「収入&仕事」とするなら、気をつけるべき2つのポイント

をご紹介します!

女性が結婚相手を選ぶ決め手は、ズバリ…!?

「結婚の条件」「男性の条件」という言葉をよく耳にしますが…

f:id:senaharu:20180719163258j:plain

筆者は今の彼と出会うまでにも、年齢相応の恋愛経験があります。
しかし、心の底から本気で「この人となら!」と思える男性は現在の彼だけでした。

結婚を視野に入れて同棲してみても、元彼とはすぐに愛が枯渇してしまったり…(´ⅴ`)

 

若い頃の筆者は、
「真面目だったらいい」
「優しかったらいい」
「ちゃんと仕事してたらいい」
というふわっとした希望を挙げていれば、自分を幸せにしてくれる男性と幸せになれるだろうと思っていました。

 

今思うと、考えているようで何も考えていないに等しかったです。

 

婚活市場が大きくなるにつれて…

f:id:senaharu:20180719164119j:plain

近年では婚活は「ビジネス」です。
婚活市場では毎年巨額のお金が動いています。

 

婚活市場は堂々と相手の「年収」「職業」「家族構成」「学歴」などで判断してくださいと言わんばかりの、出会いの場です。

いつしか、婚活市場に頼らない普通に恋愛している人たちでも、「結婚相手の条件」と言う言葉を使うようになっている気がします。

 

女性からの条件は、「安定した職業」に就いていること!

f:id:senaharu:20180719163632j:plain

女性が男性に求める要素には、婚活が流行る以前からずっと「経済力」が挙がってきたことでしょう。
具体的には、安定した職業に就いているということです。

 

安定した職業、経済力を計る要素としてはポピュラーなのは、

  • 正社員であること
  • 勤続年数が短すぎないこと(転職暦)
  • 将来性

などがあります。

 

非正規雇用は心もとなく感じられ、転職回数が多すぎると不安視され、業界や現在のポストから将来性を値踏みします。


実は筆者もそうです。

「好きになった人がタイプ」というわりとミーハーな恋愛体質の筆者ですが、正直なところ、

  • 正社員でない異性と出会ったとき、恋愛対象とするかは怪しい
  • 自分が転職回数が多いので、相手はどっしりと腰をすえている人がいい
  • 仕事のできない男に魅力を感じない

といった具合です。

 

「高給取りでなくてもいいけど、安定した仕事をしていて欲しい」と思うのは至極普通のことではないでしょうか?


つまり結婚では「安定した収入が見込める」ことが一番大切!?

結婚を考える上で「安定した収入」が特に大切な要素であるとしている記事は、無数に存在します。

machicon.jp

woman.mynavi.jp

news.careerconnection.jp

 

どんなに趣味が合ったり、楽しい時間を過ごせる相手であっても、それは最低限の「安定した生活」の上で成り立つものだと考えの方は多いようです。

 

また、女性が「結婚したい」とする理由のひとつは、やはり「安定した生活」を求めるからなのだそうです。これは経済的なことや寂しさ(老後の不安)なども含まれます。

za-sh.com

miror.jp


「収入&仕事」をクリアしても、結婚を決めるのはまだ早い!?気をつけるべき2つのポイント

 f:id:senaharu:20180719164358j:plain

収入面やお仕事の面で安心して良さそうな男性とお付き合いできたとします。
しかし、それだけで結婚相手にふさわしいとは判断できません。

 

お金に余裕のある相手だったとしても、それを覆すくらい相性が悪いことってあるんです。
それは、お金や仕事に関する相性・価値観です。

 

1.お金の価値観が合うとは限らない

f:id:senaharu:20180719163814j:plain

例え夫の収入や世帯年収がよくても、お金に対する価値観が合わなければ難しいです。
稼いだだけ浪費するタイプの人間もいれば、不思議なほどに生活費を削ろうとするタイプの人間もいます。

 

結婚をすれば家や車を買ったり、子どもが産まれれば教育費や習い事、老後の蓄えなどなど。。。
一度に高額なお金を出費する機会も多くある上、長いスパンで家庭のお金を上手く運用していかなければいけません。

 

そんな中で、お金に対しての価値観が話し合いで歩み寄れないほどに異なると、将来の不安や言いがたいストレスを溜め込むことになります。

収入に見合った水準で生活すれば何の問題もないかもしれませんが、お互いが極端に浪費家だったりケチすぎたりすると、いくら世帯年収が大きくても良好な夫婦関係を築くのは難しいかもしれません。


2.仕事の価値観が合うとは限らない

f:id:senaharu:20180719163657j:plain

多くの人間は、給与(お金)を得るために働きます
生きていく上で労働は必須で、家庭で過ごす時間よりも職場で過ごす時間の方が長くて当たり前ですよね。

 

遣り甲斐や生きがいを見出せる人もいれば、強い責任感で仕事に取り組む人もいたり、生きるために惰性で出勤する人もいるわけです。
また、専業主婦志望の女性もいれば、キャリア重視の女性もいますし、妻に働いて欲しい夫もいればその逆も然り。

 

専業主婦志望の妻に夫が「家庭に入って」と言うなら願ったりかなったりですが、そう上手く希望は合致しないもの。
共働き家庭であれば、家事や育児の割合もある程度相談と助け合いが必要でしょう。

 

もしもあなたがキャリアウーマンで、夫に
「妻は仕事が好きで、家事がおろそかだ。仕事辞めればいいのに」
と思われたらどうですか?

 

専業主婦になりたいのに仕事を辞めさせてもらえず、
「わたしの旦那は妻を働きに行かせる甲斐性なしなの」
なんて思いながら生きたくないですよね。

 

妻から夫への理解が必要なことも多々あって、
「今は会社全体で頑張らなければいけないときなのに、妻はもっと家族サービスしろと怒る…」
「もっと早く帰れるよう転職してと言われたって、今の給与をキープするばら無理だよ…」
など、夫側が苦しむこともあるでしょう。

 

前述したとおり、我々勤め人は家庭で過ごすよりも職場で過ごす時間の方が長いのです。
仕事への価値観や理解がなければ、たとえ十分な世帯収入を稼いで来れたとしても苦しむことになりかねません。


まとめ:稼ぎの良い安定した仕事についている男性を射止めたなら、まずはお金と仕事の価値観が合うかを見極めて!

f:id:senaharu:20180719163906j:plain

いかがでしたか?
恋人がきちんとした企業に勤めていたり、高収入な男性から見初められたらやはり嬉しいですし、ホッとしますよね。

 

しかし実際のところ、どれだけお金に余裕があっても、お金と仕事への価値観があまりに合わない相手と一生を共にするのは厳しいです。
近年では夫婦間のモラハラや経済DVという言葉もよく聞かれるようになりました。

相手の「収入&仕事」を結婚の決め手とするのは王道ですし、どちらもとても大切な要素です。

 

ただし、「わたしの彼、お金遣い荒いんだよなぁ」「仕事ばっかりでかまって貰えないんだよなぁ」など、あなたが少しでも引っかかっていることがあるのなら、夫婦になる前に一度向き合うのが良いでしょう。

 

他の婚活・モテ系記事はこちらです!

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

 

「結婚しよう」という彼氏の本気度を見極めるための4つのポイント

こんにちは。
なんとか20代で嫁に行きたい、独身OLのハナです。

 

今でこそこんなブログを書く余裕がありますが、筆者は今の恋人と出会うまで散々な恋愛ばかり繰り返してきました。
友人達と飲みに行くと、筆者の27歳までの男運の悪さを未だに酒の肴にされます。笑

 

そんな筆者が今でも反省しているのが、元彼たちの「結婚しよう」という言葉を鵜呑みにしてきたことです。
「結婚しよう」という言葉が愛情の後ろ盾のように感じられ、ズルズルと不毛な恋愛関係を続けてきました。今では時間を無駄にしてきたことを後悔しています。

 

この記事では、

  • 彼氏の「結婚しよう」の本気度を見極める4つのポイント

をご紹介します。

 

婚約していないなら、「結婚しよう」はただの戯言です!

あなたが初めて男性に「結婚したい」と言葉にしたのは、何歳でしたか?

f:id:senaharu:20180713165307j:plain

あなたが最初に彼氏ができたのは、何歳のときでしたか?

学生のうちから恋人がいた人が多いのではないでしょうか。

 

筆者は中学2年生のときに最初の彼氏ができましたが、手を繋ぐこともなく終わりました。思春期あるあるかもしれません。笑
大学生のうちは2人の男性と付き合いましたが、2人目の元彼とは3年付き合ったこともあり、就職して安定したら結婚するだろうというビジョンもありました。

 

ですから22歳のときには、元彼に対して「あなたと将来結婚したいな」という意思表示もしていました。

 

人によっては学生のうちから「将来結婚しようね!」と愛を確かめ合ったり、友人に宣言する人も多いですよね。

 

筆者が伝えたいのは、

  • 「結婚しよう」という言葉は無責任に発せられることがある

ということです。


「結婚しよう」という言葉に、責任は伴わない

f:id:senaharu:20180713165436j:plain

学生同士が「絶対結婚しようね!」と誓い合ったとして、実際に本当に結婚まで至るケースは少ないでしょう。
そもそも、経済力も何もない者同士の「結婚しよう」ほど当てにならないものはありません。

 

多くの場合、恋人への愛情表現として「大好き」「愛してる」と言った言葉を使いますよね。
人によっては、このレパートリーの中に「結婚しよう」が含んでいる人がいます。

 

それは学生であろうが、社会人であろうが関係ありません。
その人の愛情表現のひとつが「結婚しよう」という言葉なのです。


「親にまで紹介されたのに!」というのは全く当てにならない

f:id:senaharu:20180713170829j:plain

たまに、「彼氏の両親にまで挨拶をしていたのに、フラれた」という話を耳にします。
「わたし、彼氏の親と仲良かったのに!」と必死に訴える人もいます。

 

家族に紹介されることで、結婚への道が開けるわけではありません。

「結納していた」「両家で顔合わせをした」くらいまできて、初めて安心してください。

 

ちなみに筆者が24歳~27歳まで付き合った元彼だと、何度も実家に連れて行かれましたし、いろいろお手伝いなんかもしましたが、全然結婚に向けた具体的なアクションはなかったです。


「結婚しよう」という本気度を見極める4つのポイント

 

【1】”いつ”までにという具体的な時期で話している

f:id:senaharu:20180713170931j:plain

「来年の夏に入籍しよう」とか、「結婚式は何月にする?」などです。
具体的な時期の話を出した上での「結婚しようね」であれば、彼はちゃんと結婚を考えていると思います。

 

注意点としては、「30歳までに結婚しよう」とか「俺が昇進したら結婚しよう」という言い方です。
あなたが29歳で30歳まで残すところあと僅か…という状況なら問題ないですが、3年以上先の話なら警戒が必要です。

 

それは彼に結婚する気がないというよりは、【面倒なこと・手のかかること】を先送りにする男性が言いがちな言葉だからです。

 

結婚するとなると両家への挨拶だけ準備終了ではありません。
本籍地から離れたところで出会った二人なら、婚姻届を出す前の準備が意外と手間です。
結婚式と同時に入籍希望なのであれば、同時に結婚式の準備も必要になります。

 

これらは、いくら結婚という明るい未来のために必要な行為だとしても、面倒であり手間がかかります。
ずるずると先送りにして手を付けたがらない男性は多いです。

 

また、「俺が昇進したら~」というのも微妙です。
愛する人の仕事が落ち着き、評価されるのを待ってあげたい乙女心は分かります。
しかし、彼が本当に昇進するのか、いつ昇進するかなんて分かりようがないし、保証もありません。

 

【2】”お金”の話ができる

f:id:senaharu:20180713171016j:plain

お金の話も、【面倒なこと・手のかかること】を先送りにするタイプの男性はなかなか口にしません。

 

結婚式をするならかかる費用は高額です。
新居を用意するのなら、賃貸住まいであったとしても敷金礼金+引越しなどで、初期費用だけで50万円くらいはかかるでしょう。家具家電を一から揃えるとなると、20万円以上はかかります。

 

とてもお金に余裕のある彼氏で、あなたに一円も負担させるつもりがないという人なら別ですが、普通はお互いでお金を出し合うはずです。
結婚するとなると、互いの収入も気になるところです。

 

正式なプロポーズの前に給与の話はなかなかする機会がないと思いますが、

  • 新居の家賃はどれくらいが良いか
  • 家具家電を買い揃える必要があるかどうか
  • 結婚式をしたいかどうか

などの会話がやんわり上がるのは自然ですよね。

 

筆者と彼は来年3月に部屋の更新があるので、このタイミングで新居に引っ越すつもりでいます。
その場合の家賃やエリア、生活費の割合などはちょこちょこ話題に出ています。


【3】結婚後の”妻の仕事”について話題に上がる

f:id:senaharu:20180713171230j:plain

あなたが現在安定した収入のある仕事についているならば(社員や、フルタイムのアルバイトなど)、結婚後の世帯収入として奥さんがどの程度稼いでくれるかは気になるところです。

 

また、結婚後も仕事を続けるのか、扶養の範囲内で働くのか、転職したいのか、退職したいのか。。。
これは将来の話をする上では、避けては通れないトピックですよね。

 

筆者は妊娠するまでは正社員で働き続けたいと彼に伝えてありますし、彼も筆者の収入は世帯収入として当てにしています。
産休・育休明けにも正社員復帰を望んでいることは話していますが、子どもが乳幼児のうちは何があるか分からないので、そこはふわっとした話に留まっています。

 

ちなみに3年同棲して別れた元カレは、筆者に聞くまでもなく筆者が働くものだと思っていたようです。(いや、そうだけどさ。。。)
こういう大切な話を腹を割って話題にできるかどうかでも、彼の結婚への本気度が計れるかもしれませんね。


【4】職場や共通の友人に結婚の予定を匂わせている

f:id:senaharu:20180713171245j:plain

職場の上司と人間関係が良好な場合、恋人がいる男性社員には「いつ結婚するの?」という話題が降ってきたりします。
そういうときに、具体的に「来年です」など言えるタイプの彼氏は、けっこう安心かもしれません。

 

ただしこれはあなたに確認のしようがないですし、近年ではこういう質問もパワハラセクハラとして扱われるので難しいかもしれません。

 

彼の方から「部長に『結婚はいつ?』って聞かれたから、もうそろそろですって言っておいたよ!」なんて言ってくれたら超安心ですね!


まとめ:どれくらい具体的に結婚準備を視野に入れているかで、彼の結婚への本気度がわかる。

 

いかがでしたか?


こちらの記事には、「結婚しようね」と口に出す男性を3タイプに分類し、傾向と対策をご紹介しています!
筆者の過去の恋愛失敗談も踏まえて記事にしました!

www.kon-katsu-30.com


あたなも彼と結婚したいと思っているのに、ダラダラと先の見えないままプロポーズを待つのはつらいですよね。
無計画に時間が過ぎていくのは特に女性にとっては避けたい事態です。

 

彼の本気度を見極めて話し合ったり、次の恋愛を検討してみるのも大切なステップかもしれません。

 

その他、彼氏有り女性向けの記事はこちらです!

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

超簡単!職場の男性にモテるには5つのコツを実践するだけでよかった!

こんにちは。アラサー薄給OLのハナです。
筆者は以前からアラサー女性たちに職場恋愛を推奨してきました。


その理由は、職場恋愛には「結婚したい」女性達にとってメリットがたくさんあるからです。
では、具体的に職場の男性達にモテるにはどうしたらいいでしょうか?

 

▼ちなみに、職場恋愛がオススメな理由はこちらから。

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

 

この記事では実際に筆者が1年間実践して、6人からアプローチされ3人から告白された

  • 職場の男性にモテるための超簡単な5つのコツ

をご紹介します!

職場の男性にモテるには、まず「女性」として意識させるところから!

【前提1】仕事はきっちり真面目にやりましょう

f:id:senaharu:20180712142859j:plain

誰しもが職場には仕事をするために出社しています。
責任もあれば、プレッシャーなどストレスもあります。


ですから、職場の男性にモテたいからと言って、TPOをわきまえずきゃぴきゃぴしておくという意味ではありません。

 

むしろ、仕事が極端にできない女性、業務に不真面目な女性はモテませんので気をつけてください。

 

【前提2】服装やメイクには絶対に手を抜かない!

f:id:senaharu:20180712143125j:plain

あまりに多忙な環境だと、すっぴんと大差ないメイクで出社する女性がいます。

 

「男性は女性のすっぴんが好き」という話はよく聞きますが、これは即ち、「すっぴんでも綺麗で可愛い女性のすっぴんが好き」という意味です。
あなたが芸能人なみの顔立ちと、至近距離で見られても恥ずかしくない肌の持ち主でない限りは絶対にメイクは必須です。

 

ただし、毎日合コンに行くようなメイクと服装で出社するという意味ではありません。

  • 血色が悪くならないメイクを心掛ける
  • 服の毛玉やシワをそのままにしない
  • ヒールの金具が出た(ゴムが取れた)靴を履き続けない
  • 髪の手入れを怠らない、傷んでいて自信がないならまとめ髪にするなど清潔感を

最低限これくらいのことは気をつけておくべきです。


とくに服の毛玉とシワ、傷んだヒールのカツカツという品のない音は、女性のオシャレに疎い男性でも気が付きます。


【前提3】年齢相応であること

f:id:senaharu:20180712143325j:plain

どれだけ綺麗にしていても、年齢相応のメイクやおしゃれを心掛けてください。
立ち振る舞いもそうです。

 

未婚だからといって自分より若い独身女性とレベルを合わせると、「中身のない人」「若作り」と思われることがあります。

 

その年齢の良さというのが必ずありますから、そこはぶれないように気をつけましょう。


職場の男性にモテるための超簡単な5つのコツ

先ほど紹介した前提をクリアした上で、ここからが本番です。
難しいことは一切ないので、ぜひ試してみてください。

 

【1】常に口角を上げて過ごす

f:id:senaharu:20180712143512j:plain

これだけ言うと誤解を招きそうですが、キャビンアテンダントやデパートのインフォメーションの人みたいな笑顔を言っているわけではありませんので、安心してください。

 

お昼休憩も含めて9時間もの長時間、オフィスの中で常に笑顔でいるのは不自然です。
時には切羽詰った業務もあるでしょうし、慌てていることやイライラすることもあります。

 

ただ、人は集中して仕事をしているとき、特に何も考えていないとき、忙しいときなどは常に口角が下がっています。
口角が下がった表情は不機嫌に見えやすく、冷たい印象や近寄りがたい印象を与えます。

 

廊下ですれ違ったとき、エレベーターに乗るとき、コピー機の前で書類が印刷されるのを待つとき…。
自席で黙々と業務をこなしているときよりも、こういうふとしたタイミングの方が他の社員の視界に入ります。

 

柔らかい表情は女性をより女性らしく見せてくれるので、真顔よりもほんの少しだけ口角を挙げるよう意識してください。
口元を完全に笑顔にする必要はなく、ちょっとだけ口角が上がっているだけでも雰囲気が変わってきます。

 

【2】業務連絡がメールであれば、極力「メール+口頭で一言」を習慣にする

f:id:senaharu:20180712143536j:plain

昨今はすぐ近くの席で仕事をしている相手にすら、メールで業務連絡を取る時代です。
もちろん、メール等文面で残すことにはたくさんの理由があります。

 

しかし、メールだけのやり取りでは、他の社員と距離を縮めるには効率が悪いです。

何かのついでに相手のところへ寄ったり、廊下ですれ違うタイミングなどで、


「さっきメールした件、大丈夫そうですか?」
「さっきメールした仕事、急で本当にすみません」
「昨日お願いしていた件、こんなに早く対応してもらえると思いませんでした!ありがとうございます!」


という感じで、一声かけるのが効果的です。

職場の男性にあなたのことを意識してもらうには、とにかく相手の視界に入るしかありません。


メール連絡だけではその他大勢の社員と同じですが、ほんの一言二言でも会話をする機会が増えることが大切です。

いざ社内の飲み会など砕けた場で一緒になったときに、これまでの積み重ねのおかげでスムーズに会話することができます。

 

【3】「ありがとう」というお礼は繰り返し伝える

f:id:senaharu:20180712143756j:plain

感謝されてイヤな気持ちになる人はいません。
特に男性は他者から「認められたい!」という承認が強いですから、何か手伝ってもらったり助けてもらったときはきちんと感謝の言葉を伝えましょう。

 

ただし、その場で「ありがとうございます!」と一言お礼を伝えるのは誰もがやっていること。

筆者がオススメしたいのは、繰り返しお礼を伝えることです。

 

例えば、

  • 口頭で「ありがとう」と言った上でメールでも伝える
  • その後や翌日などで顔を合わせたとき、「昨日は本当にありがとう~」とお礼を言う

などです。

 

しっかりと感謝ができる人材は、仕事の面でもフォローをしてもらいやすくなります。
そうやって人間関係でのいい循環も生まれます。

 

▼「ありがとう」のより効果的な伝え方については、こちらの記事でご紹介しています!

www.kon-katsu-30.com


【4】話しかけるときは、必ず相手の名前を呼ぶ

f:id:senaharu:20180712143959j:plain

「すみません」って便利な言葉ですよね。
謝罪としても使え上に、名前を呼ばなくても相手が振り返ってくれます。

 

しかしモテる女性というのは必ず、男性に話しかけるときに「○○さん」と名前を呼びます。

もしあなたが人数の多いオフィスで勤務しいるなら特に効果的です。


相手があなたの顔と名前をまだはっきり覚えていないのなら、そういう相手から覚えられていると少し意外に思うもの。
そんな小さなインパクトから、あなたの顔と名前を覚えてもらいやすくなります。

 

また、心理学には、名前を呼ばれることによる効果のひとつに、”カクテルパーティ効果”と呼ばれるものがあります。

カクテルパーティ効果とは


カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、自分の名前などは、自然と聞き取ることができる。 このように、人間は音を処理して必要な情報だけを再構築していると考えられる。 この機能は音源の位置、音源毎に異なる声の基本周波数の差があることによって達成されると考えられる。

 

名前を呼ばれると言うことは、大勢の人間が働いているオフィスの中で、”個人として認識された”ということです。


イヤな気持ちになる人はまずいませんし、むしろ心理学的には人は名前を呼ばれるのが”嬉しい””気持ちいい”のだそうです。


【5】仕事の成果を素直に「すごい!」「おめでとう!」と称える

f:id:senaharu:20180712144738j:plain

仕事って意外と褒められないんですよね。


もちろん与えられた役割や求められている結果を出して応えるのが仕事なのでしょうが、頑張りの度合いと褒められる度合いのバランスが悪いというか…。

 

前述した通り、男性は認められたい生き物です。
平たく言うと、褒められたいんですね。

 

誰もが注目するような一大プロジェクトが成功させたなら、社内中から賞賛の声が上がって当たり前でしょう。
しかし日常のルーティンとなっているような業務や、さほど注目度の高くない業務はどうでしょうか。

 

褒めるということは、何も根拠や理由が必要な行為ではありません。
あなたが「すごいな」「頑張ってるな」と感じたなら、そのまま口に出してあげるだけでいいのです。

 

キャバ嬢など夜のお店の女の子が使う、男を虜にする”さしすせそ”を知っていますか?

 

 → 「さすがです」
 → 「知らなかったです」
 → 「すごいですね」
 → 「せっかくなので~…」
 → 「そうなんですか」

 

男性との会話で男性の自尊心を満たし、気持ちよく楽しんでもらうための基本の相槌です。
これって、日常のやり取りでも十分有効です。


まとめ:職場の男性にモテるには、「その他大勢の社員」の枠から良い印象で一歩出る必要がある。

f:id:senaharu:20180712144815j:plain

いかがでしたか?
男性は仕事で自分を認めてくれる女性にいい印象を抱きます。

 

そして、現在は女性キャリアがどんどん増えている時代です。
男勝りな女性や、男性よりもずっと仕事ができたり頭の回転の速い女性が大勢います。

 

そういう女性に男性は「きつそう」「強そう」というイメージを抱いてしまいがちですから、近寄りがたい雰囲気になってしまわないよう、自然に口角を上げた表情で過ごすようにしましょう。

 

また、小まめにお礼を伝えたり、業務上のやり取りを口頭でする機会を増やせば、男性からも話しかけるタイミングが増えます。
男性が話しかけやすくなると、飲み会のメンバーとして呼ばれたり、食事に誘われるような機会が増えます。

 

筆者はこの記事に書いていることを1年間意識することで、6人の男性からアプローチを受け、彼氏ができました。
筆者が転職した今でも、彼曰く筆者の評判は良いままのようです。(ありがたいことに、「お前の彼女、可愛かったよな」と言ってもらえるそう)

 

難しいことは何もないので、是非実践してくださいね!

 

その他モテ系記事はこちらです!

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

【ホステスが暴露】キャバ嬢に「お金」でしか見られないお客の4つの特徴

こんにちは。アラサーOLのハナです。
筆者は都内でOLのお仕事をしつつ、週2でホステスのバイトに勤しんでいます。

 

指名制のないアットホームなスナックで勤務しているとは言え、お客様からの熱烈なアプローチは毎日のように頂いています。

 

しかし、キャバ嬢やホステスだって人間です。
「好きなお客様」「苦手なお客様」「キライなお客様」というものがどうしてもあります。

「好きなお客様」との同伴やアフターは楽しいですし、営業関係なしにLINEをすることも多いもの。
「キライなお客様」については…、察してください。笑

 

この記事では、

  • キャストに「お金」としか思われない!嫌われるお客様の特徴4つ

をご紹介します。

こんなお客は嫌われる!キャストに「お金」でしか見てもらえないお客の特徴

f:id:senaharu:20180711164535j:plain

前述したとおり、我々キャストも人間です。

接客のプロですから、よほどでない限りどんなお客様にも笑顔で接しますが、心の中でムカついたり気持ち悪いなぁと感じることもあります。

 

考えてみてください。
あなたがそのキャストのために指名したり、差し入れを持って行ったりしているのの、心の中ではキャストが全然喜んでいなかったとしたらどうですうか?

すごくイヤですよね。

 

しかし、キャストは理由もなくお客様のことを嫌ったりしません。
何か原因がある可能性が十分にあるので、これから紹介する「キャストに嫌われるお客様の特徴」に少しでも該当しないか是非考えてみてください。

 

【1】あなたからキャストにボディタッチしている

f:id:senaharu:20180711164908j:plain

「それくらいいいじゃん!」と思われる方も多いでしょう。
もちろん、キャストも全てのボディタッチが嫌なわけではありません。

 

個人差はありますが、嫌がるキャストが多いボディタッチを箇条書きにしてみます。

  • 髪に触る
  • 顔に触る
  • キャストが動いているときに手を触る
  • 胸やお尻を執拗に触る
  • お腹を触る

キャストたちは綺麗にしていて当たり前の仕事です。
華やかなヘアメイクも、ばっちりメイクな顔も商売道具です。


それを無遠慮に触られては、セットが乱れたりメイクが剥げたりします。忙しいキャストはお客様が思っているよりもメイク直しに行く時間がありません。ファンデーションは男性の手で無遠慮に触られたらよれてしまいます。

 

キャストはあなたが帰った後も、他のお客様をもてなさなくてはいけません。商売道具を乱すようなことをするお客様は嫌われます。

 

また、スナックのホステスなどは席でドリンクを作る機会が多く、ひとりで卓全員のドリンクを作ったり、灰皿の状況に気を配ったりしています。
楽しく会話をしていながらも、常に注意を払い、手は動いていることが多いのです。仕事の妨げになるにも拘らず、しつこく長時間手を握ってこられると、フラストレーションがたまります。

 

【2】「稼いでるんでしょ」「お金持ってるんでしょ」などと発言する

f:id:senaharu:20180711164648j:plain

たまに勘違いしている男性を見かけますが、「稼いでるんでしょ」は別に褒め言葉ではありません。


確かに夜のお仕事は時給換算すると高給取りのように思えますが、普通の昼職にはない苦労や天引き・罰金制度などが多く、「稼ぎがいい」と本当に言えるのはほんの一握りのキャストです。

 

つまり、稼ぎのいいキャストは努力し仕事を頑張った成果がお給料で出ているだけのこと。


もしもあなたが仕事で苦労し、努力し、やっと認められて昇給したときに、苦労を知らない同僚や友人から不躾に「お前はいいよな~」なんて言われたらイヤな気持ちになりませんか?
我々キャストだってなるんです。

 

また、女性の多くは頼りがいのある男性・余裕のある男性に惹かれるものです。
あなたがお金持ちでなくてもキャストは気にしませんが、「お金がない」アピールや、「君の方が稼ぎがいいよ」という牽制は鬱陶しく思われます。

 

ちなみに、けして高給取りとはいえないお客様で、お店に来る回数が少なかったり、高級なお酒を入れてくれなかったとしても女の子から好かれるお客様はたくさんいます。


お店に来たときにケチケチせず、お客様が可能な範囲で気持ちよく飲んでお金を払って帰ってくれるお客様は、キャストからも好かれます。


【3】「彼氏いるんでしょ」と繰り返ししつこく聞く

f:id:senaharu:20180711164805j:plain

はっきり言います。
女の子が一度「彼氏いない」と言ったら、二度と聞かないでください。


大変鬱陶しいです。

 

もちろん、彼氏がいることを隠して働いているキャストはいます。
しかし「いません」と言ったなら、彼女は仕事では「彼氏いない」設定で勤務しているのです。


何度しつこく聞かれても「いません」しか言いません。

諦めてください。

 

また、お客様の立場では「騙された!」と思われるのかもしれませんが、キャストにとってはキャバクラだろうがスナックだろうがラウンジだろうが、仕事に来ています。
アイドルじゃあるまいし、恋愛禁止なんて社則はありません。

 

あなたがそのキャストを本気で口説きたいのなら、彼氏がいるかどうかではなく、「彼氏より素敵な男性だと思ってもらえるか」「彼氏と別れたとき、身の回りの男性の中で一番魅力的に思ってもらえるか」が重要ではないでしょうか?

 

彼氏のいない綺麗な女性に出会いたいのなら、そもそもキャバクラなどのお店ではなく、婚活パーティーや街コンなどで好みの女性を探すべきです。

 

そもそも、キャストに彼氏がいなかったとしても彼氏募集中かどうかはまた別の話です。


【4】店外要求が早計で、しつこい f:id:senaharu:20180711165012j:plain

お客様の思考は我々キャストも店側も熟知しています。
店外(外でのデート、食事など)を提案するお客様の考えは、だいたい下記のどれかです。(もしくは全部です)

 

  • 店に会いに行くとお金がかかるのがイヤ
  • 店にお金を払うより、直接キャストに美味しいものを食べさせてあげる
  • 店にお金を払うより、直接キャストに何かプレゼント(現金含む)してあげる
  • 店に行くのは客のすることであって、俺は客ではない!
  • 外で会った方がホテルなど、ワンチャンあるかも
  • 女の子だって俺のことをゆっくりと知りたいはずだ!
  • 俺はプライベートで女の子を支えたいんだ!

 

もう一度言います。
お客様のこのような考えは我々にはモロバレですし、お客様の中には隠さず言ってこられる方もいらっしゃいます。


キャストの言葉で答えると、

  • お店で出会ったのだから、会いたいならばお店に通うのが当たり前です。
  • いくら美味しい食べ物でも、勤務時間外の拘束(または労働とも言える)を嫌がるのは、至って普通のことです。
  • プレゼントを喜ぶ女性もいますが、キャストはお店で売上げを立てることでお店(職場)から評価してもらえます。下手なプレゼントよりも、お店での評判を上げてもらえる方が何倍も嬉しいです。
  • お店で出会ったのだから、お客様です。
  • キャバ嬢やホステスは風俗やソープ嬢ではありません
  • もちろん知りたいです。お店で教えてください
  • 仕事とプライベートは分けていますので、お客様とのお付き合いはあくまでお仕事です。

となってしまいます。
これがキャストにとっては普通で当たり前のことなんです。

 

しかし、筆者も含めてキャストがお客様と店外で会うこともあります。
ちなみに、筆者は店外で会うお客様は何名かいますが、既婚者も独身者も含めて紳士的で仲の良くなれた人たちです。

 

だからお客様から食事に誘われれば友達感覚でお供しますし、一緒にお笑いのライブに行ったこともあります。
ただし、これはお客様と筆者の間で【人間関係】【信頼関係】が何ヶ月も掛けて構築されたからです。


何ヶ月の間に何十回とお会いし、お仕事抜きでも楽しい関係が築けているからです。

【人間関係】【信頼関係】がまだ構築されていないお客様から誘われても、たまーの同伴しかしません。

 

まとめ:キャストに嫌われると、「お金」でしか判断されなくなってしまう

f:id:senaharu:20180711164623j:plain

いかがでしたか?

繰り返すようですが、我々キャストも人間です。

 

「キライなお客様」を接客するのは、それがお仕事であり、労働の対価としてお金が発生するからです。

ですから、「キライなお客様」である上に常識外れにケチな飲み方をするお客様の接客をするときは、修行でもしているかのような気持ちになります。

 

その逆で、お金持ちではなくても、たまにしか飲みに来られないお客様でも、「好きなお客様」の接客をさせていただく時間は楽しいです。

今日○○さん来てくれたんだ!やった!とすら思います。例え大きな売り上げにならなくても、好きなお客様の卓につける時間は楽しいからです。

 

キャバ嬢やホステスを口説きたい!とあなたが思っているのなら、強引に口説く前にまずはその子の「良いお客様」になってあげてください。

「良いお客様」となら喜んで同伴に行きますし、勤務時間外にLINEなどで連絡を取るのも楽しいものです。

 

「良いお客様」はキャストに好かれます。

「好きなお客様」となら、徐々に店外でも会うことに抵抗がなくなります。

本来、女性を口説くならここまで仲良くなってからが有効です。

 

あなたが本気で仲良くなりたい、口説きたいキャストが居るなら、「お金」で判断されるようなお客様にはならないでくださいね。

 

他、キャバクラ・スナック系の記事はこちらです!

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

【現役ホステスが暴露】キャバ嬢を口説くなら絶対NGなキーワード5選

こんにちは。このブログの筆者、ハナです。
都内で事務系OLをしつつ、家の近所で週2ホステスもしています。

 

筆者が働いているのは貯金のためですが、彼氏のいるアラサーが水商売なんて…と思われた女性は、もしよかったらこちらの記事も読んでみてください。

www.kon-katsu-30.com


このブログは筆者と同じようなアラサー女性向きの記事を書くことが多いのですが、今回はキャバ嬢やホステスを口説きたい男性向けの記事です。

 

というのも、ほとんどのキャバ嬢やホステスは出勤すると毎回誰かしらに口説かれます。
はっきり言って、日常です。


口説かれなかった日は、「今日は仕事やりやすかったな~」「楽だったな~」程度です。

「楽だったな~」とは、これ如何に。そう思われる男性もいるでしょう。

 

実は、皆さん口説き方が下手すぎるのです。
「そんなんで惚れると思ってるの?」と耳を疑いたくなるような人もたくさんいます。

 

この記事では、

  • 聞き飽きた!口説き文句3選
  • ドン引き!むしろ嫌われる口説き文句2選

をご紹介します。

現役ホステスが選ぶ!夜のオンナを口説くなら、絶対に使ってはいけない口説き文句5選

【前提】あなたが口説いているキャストは、他の男からも口説かれている

f:id:senaharu:20180710144257j:plain

 

筆者は週2日だけスナックで働いています。
指名制はなく、既婚のお客様も多くいらっしゃいます。

 

しかし、そんな水商売にしては平和な環境であっても、筆者は毎日口説かれます。

 

新規で入ったお客様が独身であれば、必ず口説かれます。
筆者が働く何年も前から通ってくださっているお客様にも口説かれます。
既婚の年配者に気に入られ、独身の部下や友人を紹介されるなんて日常茶飯事です。

 

いいですか?
週2しか出勤しない、色恋営業を一切しないホステスでさえこれだけ口説かれているんです。

 

正直に言います。
皆さんの口説き文句は聞き飽きてしまいました。ごめんなさい。

 

これから紹介するキーワードは毎日いろんな男性に言われている言葉です。
あなたがもしも本気で口説きたい夜の蝶がいるなら、これから紹介する言葉を繰り返し使いすぎない方が懸命です。


聞き飽きた!毎日誰かしらから聞かされる口説き文句3選

【1】かわいいよね、綺麗だよね

f:id:senaharu:20180710144359j:plain

「好きだ!」「この子と付き合いたい!」と思う女性に対して、「かわいい」「綺麗」は自然と口にしてしまう言葉だと思います。


とくに、「目が大きくて可愛い」「八重歯が可愛い」「小顔で可愛い」など目に付くチャームポイントを連呼してくれる人が多いですが、もう正直反応するのも面倒くさいです。

 

だって、「かわいいね」と褒められた後のキャストの反応を思い出してください。

「ありがとう」とニコッとするか、「照れちゃうな~」「うれしい!」と言って終わりではないですか?

 

筆者も最初は謙遜したり喜んだりしていましたが、お客様によっては数時間の間に10回以上「かわいい」を繰り返してくれます。

 

あのね、反応するのが億劫になるのですよ。
あなた以外の人からも、同じくらい言われているのですよ。

 

せめて「かわいいね」「綺麗だね」は1日1回にしましょう。

 

女の子は相手が自分の何を褒めてくれたか、気に入ってくれたかはちゃんと覚えていますし、言葉に出さなくても敏感に感じ取ります。
敢えて何度も言われると面倒くさいし、あなたも「その他大勢のわたしのこと好きなお客さん」の1人になってしまいますよ。

 

【2】いい匂いがするね

f:id:senaharu:20180710144510j:plain

これも本当によく言われます。
筆者なんて香水をつけないことのほうが多いのに言われます。

 

それが「どこの香水使ってるの?」とか、「シャンプーとか女の子だから拘ってるの?」という聞き方であれば全然印象が違います。
しかし、鼻息荒く毎回毎回「いい匂いだよね!」とだけ言われると、「女の子全員に言ってるんだなぁ。きも」と思われるだけです。

 

「いい匂いだね」も1日1回までにしましょう。


【3】彼女になってよ、付き合ってよ

f:id:senaharu:20180710144600j:plain

はい、これは本当に毎日聞いてます。
飽きました。他に口説き文句のレパートリーないの?とすら思います。

お店に出勤しなくても、毎日LINEで誰かしらから言われています。

 

はっきり言います。
筆者は同じお客様から3回「付き合って」と言われた時点で、完全に相手のことを「お客」だとしか考えられなくなります。

 

少し考えてみてください。
あなたは仕事の関係や、誰かの紹介なんかで出会った女性に対して、そんなに雑に「付き合って」を連呼しますか?
満を持して告白するタイミングを考え、1回目で良い返事がもらえなければ、様子を見たり何か違う方向で努力をしませんか?

 

お店の中でお酒を飲みながら数時間話すだけの異性に対して、まともな価値観の女性ならば即答で「うん、付き合おう!」とはなりません。
何ヶ月も掛けて、人となりを知って初めて”異性としての興味”が持てるんです。

 

それなのに、「俺は真剣だから付き合って!」と何度も何度も短いスパンで雑に告白をされてはどうでしょうか。
そういう人はキャストにとって、「ただのお客様」「面倒くさいお客様」のどちらかにしかなりえません。


ドン引き!むしろ嫌われる口説き文句2選

【1】(店を見渡して)この店で君が一番○○だよ!

f:id:senaharu:20180710144642j:plain

上記の○○の部分には、「可愛い」や「綺麗」「イケてる」など表面上のことを褒める言葉が入ることが多いです。

 

この言葉は、キャバクラでNO.争いをしているようなキャストなら普通に嬉しいでしょう。あくまで、普通にです。

筆者はスナックで働いていますが、他の女の子を乏して自分を持ち上げられても、全く嬉しくないですね。
むしろ、「この人失礼だな~」「女心全然わかんないんだな~」と思っています。

 

筆者のことを気に入ってくださるお客様ももちろんいますが、周りの女性を下げられて筆者を持ち上げたところで一体何になるというのでしょうか?
そもそも1番がいるということは、2番がいるということなのです。笑

 

「俺はこの店には君に会いに来たんだよ」

という風に言われた方が、よほど嬉しいです。


【2】今度ご馳走してあげるよ(ご飯連れて行ってあげるよ)

f:id:senaharu:20180710144833j:plain

誤解を恐れずはっきり言いますね。

何様ですか?


これがそのキャストのために10回20回と通ってくださっているお客様なら、キャストとは多少なりとも人間関係が構築されています。

筆者も、お店の外で会うお客様は何人かいます。
でもその方たちは何十回とお店でお話ししたことがあり、お互いのお仕事や趣味の話などを深く知るほどの人間関係ができているから、お店の外で会っても楽しいのです。
そしてその方たちは必ず筆者の顔を立てて、お店にも来てくれます。

 

ほんの数回お会いしたお客様と、プライベートな食事に行きたいキャストはいません


あなたは会社でまだ特に関係の出来上がっていない上司から、「食事に連れて行ってやるから、日曜空けといて」と言われたらどんな気分になりますか?
「仕事じゃないのに!」「給料でないのに!」と多少なりとも思いませんか?
女の子も同じ気持ちになるのです。

 

あなたはあくまでお客様です。
女の子があなたとお店の外で会いたいと思ってくれるようになるには、相当段階を踏まなければいけません。

 

その段階を踏む覚悟をした上で、最初のうちは、
「今度連れて行きたいお店があるから、次の出勤はいつかな?同伴しない?」
と言ってあげるべきです。

 

「同伴はただの客のすることだ!俺は付き合いたいんだ!」と寝ぼけたことを言っている人がいますが、”お店”という女の子の勤務先で出会っている以上、まずは段階を踏まなければ仕方ありません。

 

あなたはその女の子を口説きたいのですよね?
相手の都合を考えられない男を好きになる女はいません。

 

まとめ:口説かれなれている女性に、誰もが褒めるような容姿や誰もが使う口説き文句は逆効果。他の男性からもあなた以上に同じ台詞を聞かされています。

f:id:senaharu:20180710144904j:plain

いかがでしたか?
好意を持ってくれていることは伝わるものの、接客している女の子が疲れていないか、必要以上に気を遣っていないかをさりげなくフォローしてくれるお客様は女の子に人気があります。

 

普段からそれだけキャストを大切にしてくれているからこそ、いざというときの食事のお誘いや口説き文句はキャストも紳士に受け止められるのです。


キャバ嬢を本気で口説くと言う行為は、よほど上手くやらない限りキャバ嬢だって「上手くやらないとお客さんが切れちゃうなー」という思考になってしまいます。キャバ嬢やホステスにそう思わせた時点で、恋愛に発展する望みがなくなります。

 

やみくもに勢いだけで口説くと言う行為は嫌われますので、辞めた方が懸命ですよ。

目を覚ませ!不倫の恋では絶対に幸せになれないのにハマる5つの理由

こんにちは。

アラサー独身OLのハナです。

 

ここ5年ほどの間、筆者の周囲では【不倫】している女性率が増えており、彼女たちの悲惨な近況が耳に入ってくるようになりました。

 

不倫は、結婚したい女性にとってもっともしてはいけない回り道です。
失うものは多く、得るものはありません

 

数年前、不倫カップルの目線で描かれるドラマがブームとなりましたが、あれはフィクションで他人事だから面白いのです。

 

この記事では、

  • アラサー女性の不倫失敗談4つ(実話)
  • 不倫から始まる恋で幸せになれない5つの理由

をご紹介します。

なぜ昨今のアラサー女性は不倫にハマるのか

f:id:senaharu:20180708114051j:plain

独身女性を口説くのは、独身男性だけではないという事実

筆者が27歳の夏、上司Aさんと仕事の流れで食事したときのことです。

40歳の上司Aに「(筆者のことが)本当に可愛い。俺のことを好きになってくれ。付き合おう」と告白されました。

 

Aは3人の小学生以下のお子さんと専業主婦の奥様を養う、高収入エリートです。

付き合ったらどんな見返りがあるか(お金、高価なプレゼント、仕事の上での優遇)をチラリと匂わされました。

 

仕事を通してAとの人間関係ができていた筆者は、奥様やお子さんの写真を頻繁に見せられていました。彼は子煩悩で、週末には家族で必ず出掛け、ある程度家事の手伝いなどもする理想的な旦那さん像そのものでした。(本人の自己申告によるものですが)

 

筆者はというと、家庭のある身で独身の筆者と恋愛ごっこをしようという神経が受け入れられず、数ヶ月耐えたのちに会社に相談して部署替えしてもらう結果となってしまいました。

 

このように、独身女性にアプローチしてくるのが独身男性だけとは限りません。
男性と肩を並べて働く女性の周囲には、既婚男性の方が多いという場合もあります。あなたが「素敵だな」と思ってた男性が既婚者でがっかりするということもあるでしょう。

 

筆者はそもそも生理的に不貞が受け付けませんが、世の中の女性の何割かはAの誘いに飛びつくでしょう。

彼は仕事ができましたから、常に何百人という部下の上に立っていましたし、年収も恐らく2,000万円以上、いつもおしゃれで高級なスーツを身に着けて出社していましたし、話題も豊富でした。

 

しかし、どんな相手だろうと不倫で幸せになれるはずもありません。

冷静に考えれば分かるはずなのに、なぜ結婚適齢期の女性に限って不倫の道を選んでしまうのでしょうか。

理由1:相手を「いい男」だと勘違いするから

f:id:senaharu:20180708114138j:plain

既婚者であるということは、一人の女性(奥さん)に人生の伴侶として選ばれているということです。

 

他人が既に選んでいて、幸せになれる(幸せに見える)という保証があるわけです。

家庭を持つということは、基本的には経済的にもそれなりの余裕があるでしょう。

 

そんな上っ面なデータだけを見て、「この人は素敵」「この人はいい男」と判断する女性がいます。

そんな上っ面な部分だけを見て「いい男」だと勘違いするなんて、本当におかしな話です。

 

理由2:周りに魅力的な男がいないと思い込んでいるから

f:id:senaharu:20180708114235j:plain

世間では、独身男性に対して「ちゃんとした仕事してるのに、○歳でも結婚してないなんて…。やっぱりどこか他に問題があるのかな?」という視線を向けます。

 

婚活中のアラサー・アラフォー女性達は「○歳の男性を紹介されたけど…。やっぱ結婚出来てないだけの理由はあるよ」とがっくり肩を落とします。

 

そんな中、家族の大黒柱として家庭を守り、仕事をバリバリとこなす男性が魅力的に見える気持ちはわかります。そんな男性からアプローチを受けたら、コロッといってしまう女性がいるのです。

 

筆者は声を大にして言いたい。

「周りにいい男いない~!」と嘆く女性の大半は、出会う努力が足りないし、出会う努力を始めるのが遅すぎるか、「ありのままの私を好きになってくれる人を待っている」勘違い女です。

だからって既婚者に手を出せば幸せになると思うのは愚かです。

 

▼結婚適齢なのに恋人すらできない人の共通点をまとめた記事はこちら

www.kon-katsu-30.com

 

▼こちらの記事も婚活女性にはオススメです。

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

 

理由3:背徳感が気持ちいいから

f:id:senaharu:20180708114319j:plain


筆者が以前仕事先で知り合った24歳の女性は完全にこのパターンでした。


「家庭のある男性がチヤホヤしてくれるのが楽しい」と満足そうに語っていたので、とても印象に残っています。

筆者が「相手のことを好きなの?」と聞くと「うーん、まあまあ…」とハッキリしない様子でした。
容姿だけで判断すると、失礼ながらそれほどモテるタイプの女性ではなかったので、余計にはまってしまったようです。

 

他人のことなので筆者にとってはどうでもいいのですが、周囲からは「頭おかしい子」だと思われていましたね。

 

だって、その背徳感による刺激で、あなたは一生を幸せに生きられますか?

 

理由4:奥さん(他の女性)より優位に立っていると勘違いする

f:id:senaharu:20180708114439j:plain


筆者の元友人の28歳女性は、1年間ずっと「妻とは別れる」という男の口説き文句を信用していました。

「親に言われて仕方なく結婚したかわいそうな人だから、別れるまで待っててあげるんだ」と本気で言っていました。

 

大正時代じゃないんだから…と思わずツッコミそうになります。

ちなみに、相手の男性は35歳の新婚2年目、政治家や医者ではなく、よくいる専門職です。
「愛されているのは私!」と信じて疑わないその心の強さはある意味尊敬しますが、不倫が発覚した際の男は言うまでもなく奥さんの元へ帰っていきました。

 

冷静に考えれば分かることです。

例えばあなた2人の男性の間で揺れ動いているとして、男性たちの前で露骨に相手を比較しますか?

ふたりともをキープしたい状態であれば、「あなたが素敵」「あなたのことが好き」という態度しかとらないはずです。

 

あたなを不倫に誘い込む男が奥さんよりもあなたを魅力的だと敢えて言うのは、自分が既婚者だという恋愛におけるハンデを誤魔化そうとしているにすぎません。

 

理由5:かっこいい部分しか見えない

f:id:senaharu:20180708114530j:plain

不倫ということは、当たり前ですが相手には奥さんがいる(家庭がある)ということです。

その男性は一人の女性(奥さん)に人生の伴侶として選ばれているわけですから、多少なりとも魅力的な人物であって当たり前です。

 

そして、既婚男性と独身男性の違いに、【余裕】があります。

仕事から家に帰れば明かりがついていて、温かい食事が用意してあり、家族との会話や団欒がある。

独り暮らしの独身男性よりは恐らく家事に追われることもないでしょうし、栄養のあるものを食べ、手の行き届いたYシャツやスーツで出勤します。

 

既婚男性が素敵に見える要素には、奥さんがいる生活で男性が支えられ、余裕があるという部分が必ず含まれます。

家では奥さんが家事や子育てなどを頑張ってくれているから、夫である男性にも余裕があるわけです。

 

独身女性から見て、「あの人本当に素敵だな」と惚れ惚れするような既婚男性の良さは、必ず奥さんや家庭があるという環境が土台としてあるのです。(個人差はあれども、少なくともいくらかは)

 

外出先でしか合わない浮気相手の前で、かっこわるい振る舞いをする男はいません。

数時間とか、一晩やそこらの短時間の間に女性に優しくできない男もそうはいません。

下心があるからこそ優しく紳士的に振る舞う男性だって多いのです。


「元カレより優しくてかっこいいの!」と「今まで付き合った誰より素敵!」と舞い上がってしまう女性はとても多いですが、素の男性は家庭の中でしか見られません

奥さんと支えあって生きているから余計に魅力的に見えているのであって、その男性とあなたとの出会いが独身のときであったなら、きっと見え方は違って見えるはずです。


【実話】20代女性による不倫体験談4つ

いかに不倫の恋がしょうもないかということを伝えるため、筆者の(元)友人や知人が体験した不倫の末路を4人分ご紹介します。


結論から先に言いますと、幸せになった人はひとりもいません。

 

1.「嫁とは別れる」の言葉に1年騙され続けたMさん(28歳・専門職)

f:id:senaharu:20180708114711j:plain

Mさんは学生時代に数年付き合った男性と職場で偶然再会しました。

お互いにまた惹かれて自然とまたお付き合いすることになりましたが、ちょうど1年が経った頃、実は彼が既婚者であったことを知らされます。

 

それはふたりの上司との何気ない会話の中で発覚したことで、結婚式などをしていない彼が既婚者であることは職場ではあまり認識されていませんでした。また、Mさんと彼が付き合っていることは職場では隠し通していたのも災いしました。


怒り心頭で別れ話を切り出したMさんに、彼は

「親がどうしてもという相手と結婚したけど、転職してMに出会って、結婚が間違いだったと後悔していた。必ず離婚するから、俺と結婚してほしい」

と涙ながらに謝罪したのです。

これにすっかりほだされてしまったMさんは、なんとさらに2年もの間ズルズルと彼との交際を続けました。


結局ふたりの不倫は奥さんに気付かれ、彼の奥さんとその家族が職場に乗り込んでくる事態にまで発展しました。

もちろん彼は奥さんと別れるつもりなどなく、それどころか一方的にMさんに誘惑されたと家族に弁明しているようでした。


結局慰謝料の支払いだけは免れましたが、彼はさっさと仕事を辞めたのに対し、Mさんは未だに同じ職場で働くことを余儀なくされています。

超多忙な職場であったため、辞めさせてもらえないのです。

彼女は今でも「不倫していた女」と後ろ指さされながら働いています。

 

2.略奪再婚したけど夫を信じられず幸せになれないUさん(31歳・専業主婦)

f:id:senaharu:20180708114723j:plain


Uさんが所属する支店の係長(31歳)は、奥さんと既に別居し離婚の準備中でした。

離婚の話し合いはスムーズに進んでいるようでしたが、もともと係長のことがタイプだったUさんは離婚を待たずにアプローチしてしまいます。

 

Uさんは派手めな美人だったので相手も舞い上がってしまい、ふたりはさっそく関係を持ちました。そして、奥さんとの離婚が成立する前に妊娠してしまいました。

なんと、係長と関係を持ってほんの数ヶ月のことです。


子供のためにもと係長は離婚を急ぎ、Uさんと入籍しますが、そのときになって初めてUさんは係長と元奥さんの間に子供がいることを知ったのです。

子供はまだ小学生で、養育費は20歳まで支払い続けることになっています。Uさんは密かに専業主婦志望でしたから、これにはかなり落胆しました。


ちょうどそのころ係長は支店を異動になり、支店長を兼任することになりました。

毎日電車で帰れないほどの激務をこなす係長と、お腹が大きくなったのを機に仕事を辞めて一日中家にいるUさん。

 

係長の異動に伴い引っ越しましたから、近くには友人もいなければ実家もありません。

出産し、慣れない育児にまいってしまったUさんは、毎日帰宅の遅い旦那に不満をぶつけます。自分が浮気で男を盗ったのですから、今度は自分が盗られるかもしれないとおびえる側になったのです。

 

とうとう旦那にGPSを携帯するよう義務付け、新婚2年目を迎えたころには夫婦仲に大きな亀裂が入ってしまいました。

 

ちなみに、筆者は以前この係長が異動してきた支店の社員でしたが、周りからは白い目で見られていましたね。

 

3.背徳感にはまって不倫を続けるうちに会社で孤立したTさん(24歳・SE)

f:id:senaharu:20180708115114j:plain


Tさんは平たく言うと男好きな人でした。

高校生のまま勉強だけできるようになったかのような人で、職場のお昼休みでもすぐにガールズトーク(というより下ネタ)に持って行きたがります。


そんな彼女の楽しみは彼女の前の職場の上司との不倫でした。

端から聞いていると、身体の関係だけが楽しいようで、「相手のどこが好きなの?」と聞くと「休みの度に車で迎えに来てくれるし、優しいよ~」と笑っています。「そりゃただでさせてくれる若い女がいたら、車くらい出すよ!」という周りの制止もまったく耳に届きません。


挙句、「彼の家のベッド大きいんだよ~」と彼女が呑気に漏らした言葉に、一緒にランチを食べていた女性全員が凍りつきました。

なんと、Tさんは彼と奥さんが普段寝ているベッドや、小さな子供達も暮らす彼の家で不倫を行っていたのです。


その日からTさんは女性社員に避けられ、1ヶ月もしないうちに孤立してしまいました。

もともと精神的に脆い人だったようで、職場で親しくしてくれる人がいなくなると出社しなくなり、私物もロッカーに残したまま仕事の引き継ぎもせずに退社してしまいました。

 

4.知らないうちに不倫していたSさん(28歳・事務員)

f:id:senaharu:20180708114805j:plain
Sさんは26歳のときに合コンで出会った男性とお付き合いしていました。


隣の市に住む男性(34歳)は仕事が忙しく、デートは大体月に1回程、LINEの返信も早い方ではありませんでしたが、Sさんは交友関係が広くさっぱりした性格だったため、それほど悩むことはありませんでした。


彼はマンションに一人暮らしのようでしたが、一度も部屋に招待されたことはありません。

理由を聞くと、「彼は20代のころ付き合ってた人に、自分の出張中に自分の部屋で浮気されたことがトラウマだから、結婚するまでお互いの家は行き来したくない」とのこと。Sさんも実家暮らしでしたから、月に一度あるかどうかのデートは外食したりホテルに行くだけでした。


「そんなに会えなくてよく不安にならないね?」と周囲が聞いても、「もしわたしの身体目的なら月に1回しか会わないってことはないでしょ。本当にものすごく忙しいだけだから」と相変わらずさっぱりしています。


Sさんと男性の付き合いが2年になった頃、Sさんは男性に呼び出され、こう打ちあけられました。


「実は俺は結婚していて、最近奥さんが妊娠したことが分かった。これからはもっと家族を大切にしたいから、もう会わない」


Sさんが慌てて問い詰めても、


「2年間一度も部屋にも呼ばれないで、飯とホテルしか行ったことないのに付き合えてると思ってたの?どう考えても本命じゃないでしょ」


と平気な顔で答えたそうです。

しかも、合コンに参加したときから本名を名乗っていなかったというのです。


結局Sさんの気持ちが折れてしまい、Sさんの恋はこのまま終わってしまいました。

彼女は知らないうちに26歳~28歳までの貴重な2年間を不倫で失ってしまったのです。

 

まとめ:不倫では100%幸せになれない。結婚を焦っているなら遠回りに見えたとしても真っ当な恋愛を。

 

f:id:senaharu:20180708115146j:plain

いかがでしたか?

某芸能人たちは「不倫略奪愛!」とゴシップされていましたから、「不倫の恋だって、根気よく待てば必ず報われる!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、実際家庭のある男性と再婚を狙うとなると、リスクとデメリットの方が格段に大きいのです。

 

例えば、

  • 奥さんへの慰謝料(彼が支払う分)
  • 奥さんへの慰謝料(あなたが支払う分)
  • 子供への養育費(月に数万円を20歳になるまで)
  • 仕事を失う可能性(左遷や、やりづらくなって自ら転職など)
  • 養育費等の出費から、自分の子供が持てない可能性(年収数百万程度の男では無理ですね~)
  • 結婚式をできない可能性(不倫略奪愛の結婚式に行きたい人は普通いません)
  • 実家と疎遠になる可能性(まともな神経の親御さんならそうなります)
  • 彼の実家に頼れなくなる可能性(まともな神経なら、嫁と孫を不幸にした息子と、息子をたぶらかした女を可愛いともう年配者はいません)
  • そもそもまた男が浮気をする可能性(だってあなたとの付き合いも浮気が発端なわけですから)

筆者がパッと思いついただけでこれだけあります。

 

う~ん。芸能人たちが必死で不倫略奪するのは、上記のリスクを背負ってもまだ旨味があるからですね。

 

旨味とは、結局収入と社会的地位です。

上記のリスクを背負っても、年収が1億円なら余裕で贅沢して暮らせますし、「人気俳優」「人気タレント」の妻というポジションはたとえ世間に後ろ指刺されようとも、長い目で見ると美味しいでしょう。

 

あなたの周りに、それだけの旨味を持った男性はいますか?

5秒考えて思い浮かばないようであれば、絶対に不倫なんかに手を出すべきではありませんよね。。。

 

スポンサーリンク