貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

【検証】ダイエット初心者がジムとパーソナルを試したまとめ

f:id:senaharu:20180306181922j:plain

食事制限だけでは美しいくびれやプリッと上向きなお尻は作れませんし、全体的にはスリムでも脚だけ見ると「あれ?」という女性はとても多いもの…。

 

筆者は現在近所のジムに入会していますが、昨年はマンツーマンのパーソナルトレーニングに通っていました(加圧トレーニングも)

そこでこの記事では、

  • ジムとパーソナル、それぞれの良いところ
  • ジムとパーソナル、それぞれの欠点と思えたところ
  • かかる費用の目安
  • 入会の際の手間

などをまとめてご紹介します。

ジムとパーソナルトレーニング、それぞれのどこが良いの?

どのジムやパーソナルに通うかで差がありますが、大体の共通点をまとめました。

ジムの良いところ

f:id:senaharu:20180306182502j:plain

●通いたい日数、時間帯だけ自由に通える

→毎日でも月に2回だけでも、好きなタイミングで通えます。営業時間内であれば、何時間長居しても問題ありません。

 

●豊富なトレーニング器具がある

→広いトレーニングフロアに、種類も豊富でたくさんの機材があります。

例えば、筆者の通っているジムではウォーキングマシーンは18台、エアロバイクは12台あります。各種筋トレマシーンは少ないもので1台、多いもので4台あります。まだ全部使ったことがないのでおよそですが、種類にすると20種類弱あると思います。

 

●施設の中にプールやスタジオ、お風呂が併設されている

→筆者の通っているジムには、スタジオが2部屋あり、ひとつはホット専用(ホットヨガ用)となっています。ただし、ジムによってはプールやスタジオレッスンが一部別料金のところもあります。また、完全別料金でエステを併設しているジムもあります。

 

●決まった曜日や時間帯しか利用できない人向けの割引プランが豊富

→いくらか安くなる代わりに土日(混雑する日)の利用が出来なかったり、利用時間帯が夜だけなどのコースがあります。仕事などで確実に利用できないと決まっているのなら、月会費が通常より安くなります。

 

●有料で個人ロッカーなどを借りられるジムが多い

→ジムは基本的に施設の規模(面積)が大きいので、ロッカールームも広いです。月額だいたい1000円くらいで自分専用のロッカーをレンタルし、トレーニングシューズやお風呂セットなどを入れておくことができます。

 

●夜遅くまで営業しているジムが多い

→平日は仕事帰りに利用する人がほとんどなので、22:00や23:00くらいまでなら当たり前に営業しているジムがほとんどです。ただし、土日祝になると閉館時間が早まるジムも多いです。

 

●レンタル品などの準備がある

→かなり大勢の利用者を抱えているため、ジムでは忘れ物や体験レッスンの人向けにレンタルできるものが豊富です。たいていの場合は有料ですが、タオルや水泳帽、ゴーグル、水着、トレーニングシューズ、トレーニングウェアなど。

筆者は月額でタオルレンタルのみ付けていますが、筆者の彼は月額フルレンタルで水着などもよく借りています。もちろん、急な忘れ物のためにその都度借りることができます。

 

パーソナルトレーニングの良いところ

f:id:senaharu:20180306182523j:plain

※ジム内でパーソナルを組む場合は、上記のジムの良いところが重複する部分もあります。

 

●マンツーマンでトレーナーに見てもらえる

→筋トレやダイエット初心者の人でも、トレーナーがつくことで効果的なトレーニングをすることができます。マンツーマンなので、自分のペース、自分に合ったトレーニングメニューを行うことができます。

 

●トレーナーが付きっきりのため密度の濃いトレーニングが可能

→前回のトレーニングとの比較や、あなたが特に鍛えたい(痩せたい)部位に特化したトレーニングなど、マンツーマンなのでかなり質の良い運動ができます。筆者がパーソナルや加圧に通っていたころは、生理の時期には負荷を軽くしてもらったり、前回と今回で上半身と下半身を交互に鍛えたりしていました。

 

●トレーニングを正しいフォームで質良くこなすことができる

→筋トレなどは正しいフォームで行うことで効果があるものです。しかし、ひとりで黙々とこなすうちにフォームがずれてきてしまったり、間違って覚えて怪我のもととなることもなります。トレーナーがマンツーマンで見てくれればこの心配はありません。

 

●トレーナーと1対1なので、体型の変化に気付いてもらえる

→マンツーマンでトレーニングを続ければ、痩せたり筋トレの成果が出た際に必ず気付いてもらえます。ダイエットや身体づくりはモチベーションがとても大切ですから、かなり励まされます。

 

●完全予約制なので間違いなくトレーニングできる

→マンツーマンと言うことは、完全予約制です。その時間にトレーニング器具を使えること、トレーナーがあなたについてくれることは決定事項ですから、間違いありません。ジムの場合、混雑によっては使いたい器具を使えなかったり、顔見知りのトレーナーに会えなかったりすることも多いです。

 

●次回のトレーニング日を予約(トレーナーと約束)している状態なので、途中で投げ出しづらい

→好きなタイミングで通えるジムは、あなたのやる気がなくなってしまうとなかなか足が遠のいてしまいます。人間ですからやる気にむらがあるのは当たり前ですが、トレーナーと約束していることで「行かなきゃ」と奮い立つことができ、ダイエットが続かない人には良い方法でしょう。

 

ジムの悪いところ

f:id:senaharu:20180306182822j:plain

●混雑すればトレーニング器具を順番待ちすることになる

→かなり大勢の人が在籍していますから、土日や仕事帰りの時間帯は混雑します。台数の少ないトレーニング器具だと順番待ちになりますから、自分のタイミングでトレーニングできない!ということも。また、スムーズに次の人に明け渡されるよう、器具ごとに1回あたりの使用時間が定まっています。(筆者のところだと、ウォーキングマシーンは最長60分まで)

 

●ウマの合わない人と一緒になることも

→老若男女関係なくたくさんの人が一度に利用できますから、残念ですがマナーの悪い人もいくらでもいます。

 

●自分から質問などできるタイプでないと、器具の使い方がわからないかも

→ちょっとした筋トレ知識があればわざわざトレーナーに質問しなくてもトレーニング器具は使えます。しかし、中にはいまいち使い方が分からないものもあります。一度に大勢が出入りしているため、トレーニングルームに待機しているトレーナーもひとりひとりを見ているわけではありません。自分から話しかけるのが苦手な人は、ちょっともやもやするかもしれませんね。

 

●ひとりでスタジオレッスンに参加するのは勇気がいるかも

→ジムの魅力は豊富なトレーニング器具以外にもスタジオレッスンがあることですよね。ヨガやらエアロビやらダンスやらピラティスやらが、これにあたります。

お金を払ってジムに入会したのだから、好きなタイミングでスタジオレッスンに参加してよいのですが、やはり同じ曜日同じ時間の同じレッスンはたいてい同じ顔ぶれで行われているもの。周りが親しそうなグループばかりだったら、最初はちょっと入りづらく感じるかもしれませんね。

 

パーソナルトレーニングの悪いところ

f:id:senaharu:20180306182848j:plain

●トレーナーとの相性がいいとは限らない

ダイエットや身体づくりに関しては、いろいろな方法があり、それぞれにメリットデメリットがありますよね。実は、同じ会社に所属しているトレーナーでも考え方が全然違うということはよくあります。

 

筆者の知人の例ですが、トレーナーに「トレーニングでせっかく筋肉を育てているのに、走ったら意味がない。ジョギングをやめてください」と執拗に指導されていたそうです。この考え方にも一理あるのですが、彼女には「筋トレしながら健康的に痩せたい」という希望がありました。筋トレも頑張るけれど、有酸素運動も少ししたいという考えだったんですね。ダイエットの成果が出始めた彼女にとって1時間の週1ジョギングは趣味のようなものだったんですが、「何のためにうちで筋トレしているんですか」と叱られ、イヤになって辞めてしまいました。

 

ちなみに、筆者が以前お世話になっていたトレーナーは「マラソン選手並みの量でなければ、ダイエットの為に是非有酸素運動してください」というタイプでした。結局人それぞれということですね。

 

●「今日はもうちょっと頑張りたい!」と思っても時間切れ

マンツーマンで予約制のパーソナルは、「今日は調子がいいからもう1セットやりたい!」とか、「電車の遅延で遅れてしまった!」などの事情があっても、約束の時間で切り上げなければいけません。トレーナーにも次の予約が入っていますし、何より時間に対しての料金なのです。

 

●金額が高く、1ヶ月に通える回数は多くない

具体的な金額は後述しますが、月々でジムの2倍以上掛かります。

もちろんジムでセルフトレーニングするよりも質の良いトレーニングはできますが、たくさん通いたい人にとっては向かない金額です。

 

●なかなか成果が出ないとき、不安になるかも

→マンツーマンということは、トレーナーを信じてのダイエットになります。なかなか成果を感じられないとき、ナイーブになっているときは「この人の言うとおりにし続けて大丈夫なの…?」と不安がよぎるかもしれません。

 

 費用はどれくらいかかるのか?

f:id:senaharu:20180306182112j:plain

※地域や設備で金額に差はありますが、おおよそこんな感じです。

※入会金が設定されていることがほとんどですが、キャンペーンで無料になることも多いです。(たいてい毎月のようにキャンペーンやってます)

ジムの月会費

およそ7,000円~10,000円  +α
※基本の月会費が10,000円を切るところがほとんどです。(ただし税別)
※30歳以下など若い人は月会費が安くなるコースのあるところが多いです。筆者の場合はこれで8,000円弱になりました。
※平日の昼間のみのコースなどがあれば、もっと安くなります。主婦層とか年配者層が多いです。
 
※個人ロッカーを月契約したり、タオルや水着等のレンタルを月額で希望の場合は+αとなります。
だいたい、ロッカーで+1,000~1,500円、タオルレンタルで+1,000~1,500円、水着やシューズ等のフルレンタルで+2,000~2,500円くらいの価格帯です。たいていの場合、フルレンタルを契約すればタオルレンタルも込みになっています。
 

 パーソナルの月会費

およそ18,000円~ +α

 ※パーソナルの場合、高いところを探すと際限がありません。(スタジオの高級感を売りにしているところや、メディアで紹介されているようなところ・トレーナーのパーソナルはアホほど高いです)

 

※+αに関してはジムと大差ありませんが、どちらかというとマンツーマンが売りのスタジオは広くないところが多いので、あまりロッカーなど充実していないと思います。むしろプロテインとか売ってくれます。

 

実は、パーソナルの場合あまり「月会費」として料金を取るところはありません。

「1回60分のレッスンを4回で18,000円」とか、「1回90分のレッスンを4回で25,000円」のような金額計算になります。

週1で通い続ける場合、厳密には月4回では足りませんよね。ですので月会費とは言わないんです。

 

筆者はお金がなかったので、まさに「1回60分のレッスンを4回で18,000円」のところに、4ヶ月ほど通っていました。毎週土日のどちらかに予約を入れて通う、という感じでした。

お金に余裕がある生徒さんは週2以上で通う人も多かったらしいです。月額に換算すると36,000円以上…。ジムの3.5倍くらいですね。

 

ちなみに都内の一等地にあるパーソナルスタジオほどレッスン料は高額です。都内だと「1回60分のレッスンを4回で20,000円超え」は当たり前だと思います。(筆者は運よく安いところが近くにありました)

 

 入会の仕方、手間はかかるのか?

f:id:senaharu:20180306183252j:plain

ジムの場合

施設入口の近くに受付があり、そこで入会希望を伝えればいいです。

営業時間内ならいつ行ってもかまいません(閉館時間に余裕を持って行きましょう)

ホームページで料金プランだけは確認していくと、話が早いですよ。入会に必要なものも書いてありますから、忘れずに持参しましょう。

 

たいてい身分証明書・クレジットカードまたはキャッシュカード・印鑑・現金が必要になると思います。

ジムによっては系列のクレジットカード会社に入会が必要になります。

キャッシュカードから引き落としのジムもありますので、クレジットカードを新しく増やすのが嫌な人はあらかじめホームページを要チェックです。

 

キャッシュカードからの引き落としの場合、初月の支払いが間に合いませんから、その分は入会時に現金支払いです。月半ばなど半端な日に入会しても日割り計算してくれるはずですが、不安だったらこれもホームページで確認しておきましょう。

 

筆者の場合、書類を書いたり説明を聞いたりで20分、館内の案内に10分くらいかかりました。(キャッシュカードで引き落としのジムです)

 

パーソナルの場合

ジムと違ってスタッフが少ないので、必ず電話かホームページのフォームから入会希望の旨を伝え、日時を取りつけます。

本当に小さいパーソナルスタジオの場合は、トレーナーひとりで経営から運営・生徒のトレーニングまで行っていますから、時間にはタイトです。

 

月額換算するとかなり高価ですから、たいてい無料もしくは超安価な体験レッスンを受け付けているスタジオが多いです。体験レッスンを受け、その場で入会希望として申し込む生徒の方が多いと思います。なんせマンツーマンですからね…。

 

クレジットカードやキャッシュカードで支払う場合もありますが、規模の小さいスタジオほど現金でその場の支払いとなるところも多いです。

「じゃ、次の4回分のレッスン費です~」ってトレーナーとか受付さんにお会計してもらうイメージです。月額じゃないので引き落としにするのが困難なんですよね。

逆に「うちはクレジットカード支払いは対応できません」と言われる場合もありますから、現金を用意して行くようにしましょう。

 

どちらにしても電話でまず問合せよう

f:id:senaharu:20180306183506j:plain

不安であれば営業時間中に電話で問い合わせてからをおすすめします。

これは筆者の話なのですが、近所に2つジムがあったのでどちらにも電話で問い合わせました。

片方は(ほぼ)全国展開のようですが電話対応が無愛想で、もう片方は周辺に数店舗しかなかったものの電話対応が親切でした。いろいろ考えた結果、今では後者のジムの会員です。

 

まとめ:ジムとパーソナルは全然違う。ダイエットや身体づくりは継続したトレーニングが必須なので、より自分が継続できると感じる環境で選ぼう。

f:id:senaharu:20180306182232j:plain

筆者は以前パーソナルと加圧に通っていましたが、「ジムはアウェイな感じで怖いし、金額の高い方が早く痩せそう」という気持ちで選んでしました。

トレーナーもいい人でしたし確かに痩せましたが、4ヶ月通った中で不満も積み重なりました。

 

それは、スケジュールがしんどくなってきたこと、月々の出費の多さ、トレーナーとの意見の食い違いなど様々な部分で起こりました。

例えば、マンツーマンということはトレーナーのスケジュールに逆に自分が合わせているとも言えます。本当は今週の土曜日は出掛けたかったのに、トレーナーが土曜日のこの時間じゃないと空いてないと言うから…とか。トレーナーは30分刻みで一日中生徒さんをレッスンしてましたから、仕方がないんですけどね。

今では、「もっと安く、週に何度でも通えるジムの方が向いている」と感じています。もちろん、それは基本的な身体の動かし方をパーソナルで親切丁寧に教えてもらっているから、ひとりでもジムに行けるようになった、ということです。

 

人それぞれ性格も運動経験も予算も違いますから、自分がどうすれば継続しやすいかを大切にジムやスタジオを選んでくださいね。

スポンサーリンク