貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

ポムポムプリンカフェのけろっぴコラボで、ヒルナンデスのロケと遭遇

f:id:senaharu:20180311120552j:plain

昨日3月10日、土曜日。

人生二度目のポムポムプリンカフェは同じくサンリオの懐かしキャラクター・けろっぴとのコラボ期間中でした。

 

プリンとけろっぴと言えば、筆者のようなアラサー世代はちょうど「見て育った」世代。それより上の世代も、子供や下の兄弟と一緒に触れる機会の多かったサンリオキャラクターじゃないでしょうか。

 

王道でサンリオのセンター・キティや、新しく出てきて女子のハートを掴んだマイメロディ、ぐでたま達とはまた違った、ゆる~い可愛らしさが人気ですよね。

 

コラボ期間中だからか、ちょうど日テレ・ヒルナンデスのロケとも遭遇しましたよ。

さすが日テレ。さすがヒルナンデス。いい仕事する。

店内の様子を放送する際に映りこんでいいですかと許可を取られたので、もしかしたら筆者の背中くらいは映っているかもしれません。

 

今回は普段のポムポムプリンカフェと、ケロッピコラボ期間中のポムポムプリンカフェ両方の魅力をお伝えします!

 

 

原宿広し(?)と言えど、プリンカフェの店構えはさすが一言!

f:id:senaharu:20180311121106p:plain

 

別記事でもご紹介予定ですが、原宿はキャラクターカフェの宝庫です。

ちょっと歩けば子供のころ誰もがぬいぐるみやキーホルダーを持っていたような、愛らしくてちょっぴり懐かしいキャラクターカフェが視界に入ります。

 

ただし、原宿のキャラクターカフェの多くは実は”期間限定店”が多いのです。

原宿に限らず、キャラクターカフェは期間が決まっているものが多いです。ちなみに、お尻の時期はまだ発表されていませんが、千葉のけろっぴカフェも期間限定。こちらは原宿と違って週末に行っても空いているのでオススメですよ~。

 

実際、筆者は彼と行き当たりばったりに立ち寄りましたが、各テーブルにけろっぴのぬいぐるみが置いてあったり、子供連れに嬉しいお座敷席もありました。

 

▼筆者のオススメ!駅からすぐのけろっぴカフェ

www.sanrio.co.jp

 

あっ、話がそれてしまいました。

つまり、多くのキャラクターカフェは期間限定なので、店構えや内装にどうしても力を入れきれない、という残念な点があります。(それでも十分すてきなんですけど)

 

それに比べて期間限定とうたわず、どしっと店を構える原宿のポムポムプリンカフェは、店内の内装も超本気!

 

大阪や名古屋にも店舗があるので、いつかは必ずチェックしたい筆者です。

pompom.createrestaurants.com

 

f:id:senaharu:20180311121149j:plain

 

この大きなプリンはお店の中央にあり、大きさは150㎝の筆者がヒールをはいて同じくらいの高さ。

初来店のお客さんが必ず写真を撮るPHOT SPOTです。

「触らないでください!」といった注意書きもありませんし、皆さん自由に触っているので写真も撮りやすい。ただし、画像の通り、照明が黄色っぽいので普通に写真を撮ると証明の暗さが残念な仕上がりに…。

 

インスタ映えを狙っているなら、アプリのカメラを使うとか編集に力を入れた方がいいかもしれませんね。

 

肝心のけろっぴは店内にいるの…?

普段のプリンカフェを知っている筆者としては、店内がプリンの黄色とけろっぴの黄緑で彩られているのかと期待むんむんで来店。

 

うっかり寝坊して昼時に到着してしまったので、1時間の順番待ちに耐えようやく入ってみると…。

 

f:id:senaharu:20180311121222j:plain

 

「あれ?内装にけろっぴがいないぞ…?」

 

残念ながら、壁にたくさんかかっている額のうちのひとつが今回のコラボデザインになっているだけで、内装にたいした変化はありませんでした。

ちょっと残念…。

 

f:id:senaharu:20180311121307j:plain

 

しかし店内はいつ来てもさすがの可愛らしさ。

黄色と茶色を基調にした、とっても愛らしいポムポムプリン・ワールドです。

 

f:id:senaharu:20180311121341j:plain

 

正直なところ、料理が出るまで普通のレストランよりは待たされますが、内装のかわいらしさを写真に収めたり、珍しいプリングッズをチェックするのに忙しいのであまり気になりません。

 

レジ前のグッズコーナーはさすがのクオリティ。

これは期間限定店にはなかなかなさそうな内装ですよね。

 

いざ!コラボメニューのビジュアルと味をチェック!

f:id:senaharu:20180311121649j:plain

 

プリンカフェのメニューにはもともとすべてがプリンモチーフになっていて、内装だけじゃなくて食事でもポムポムプリンを堪能できるようになっています。

 

今回はいつものラインナップに4種類の「けろっぴコラボメニュー」が登場しています。

お食事メニュー2品、デザートメニュー2品です。


pompom.createrestaurants.com

 

せっかくなので今回筆者と彼が頼んだメニューを写真付きでご紹介します。

 

f:id:senaharu:20180311121424j:plain

 

こちらはコラボメニューではなく、通常メニューのローストビーフ丼。

頭には黄身の醤油漬けが乗っていて、実はじわぁ~とご飯に染みています。

 

これは彼が頼んだメニューなのですが、けろっぴコラボのおにぎりセットと悩んだ末、泣く泣く「おにぎりじゃお腹いっぱいにならない…」とこちらを選択。

 

まあ…。メニューにオススメって書いてたし良しとしましょう。

 

f:id:senaharu:20180311121517j:plain

 

こういうキャラクターメニューって写真と実物の差がひどかったり、とにかく「あ…、うん…」って気持ちにされがちなんですが、ポムポムプリンカフェの料理はちゃんとお料理の見栄えも可愛らしいんです。

 

黄身を溶かすと…。

 

f:id:senaharu:20180311121544j:plain

 

ちょっと目が溶けましたが、やっぱりかわいいです。。。笑

 

お次はきちんと(?)けろっぴコラボメニュー。

筆者が注文したシーフードカレーです。

 

f:id:senaharu:20180311121615j:plain

 

コンセプトはプリン島で雨宿りしているけろっぴ、なんだとか。

 

 

f:id:senaharu:20180311121742j:plain

 

どちらにしても可愛いからなんでもいい。

けろっぴの部分は滑らかなマッシュポテト?だと思います。たぶん。

なんせ先にカレー食べたから味の薄いものの判別に自信がない。 

 

シーフードカレーにはあさりがたくさん入ってて、けっこう美味しかったです。あさりとカレーが合うの知らなかったので、ちょっとびっくり。

 

カレーは甘口と中辛の間くらい。

子供でも大丈夫そうですが、辛党のわたしでも物足りないというほどではなかったです。シーフード馴染むいい辛さなのかもしれません。

 

ちなみに、前回彼と行ったときに頼んだメニューはこちら。

 

f:id:senaharu:20180311121830j:plain

 

オムライスとビーフストロガノフです。

オムライスの卵はけっこう甘い系だったので、好みが別れるかな?

彼は好きみたいですが、甘い卵でご飯食べれない派の筆者は断然ビーフストロガノフ派。このビーフストロガノフ、可愛いだけでなくとにかく美味しいんです。

 

共通して言えるのは、ポムポムプリンカフェの食事メニューは写真で見る以上にボリューミー。

ご飯をかたどってプリンの形にしているので、どうしてもお米の量が多いです。

筆者は正直けっこうきつい量。

けっこう大食いの彼でも「ここ量多いよね~。安くて少ないのがこういう店かと思ってたから、いい意味でびっくりだよね」とこぼしていました。

 

では、デザートもご紹介します。

 

f:id:senaharu:20180311121902j:plain

 

これはけろっぴコラボの期間限定パンケーキ。

パンケーキ自体は意外と軽めで、超満腹だった筆者も彼と半分こはできました。

 

けろっぴはさわやかなメロンシャーベット。

シャーベットやカレーに使われているケロッピの目の部分は、実はにっこりタイプやウインクタイプもあります。こればっかりは運かな~。どんな表情で来ても可愛らしいです。

f:id:senaharu:20180311121930j:plain

 

付属のキャラメルソースが思った以上に伸びなくて(キャラメルだから、そりゃそうなんだけど)、ただのモザイクみたいになってしまいました。

パンケーキそのものに甘みがないので、ちょうどいいですよ。

全体的にデザートと言えどあまり甘ったるいかんじではなかったです。

 

そして上の写真のけろっぴの目がいっちゃってるのは彼のいたずら。。。

本当はもっと可愛らしいんですよ。。。

 

持って帰ってOKなものも!

f:id:senaharu:20180311122006j:plain

 

紙のランチョンマットが必ず人数分用意されているので、持ち帰りたい人は持ち帰りOK。

また、ドリンクを頼むと可愛らしいコースターがついてきます。

これは通常期間内に行くと柄が何種類かあったはずなんですが、今回はけろっぴコラボ用になっていました。

 

ちょうど先ほど紹介したパンケーキプレートですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

特に現在ポムポムプリンやけろっぴ好きというわけでなくても、筆者くらいの世代の方は思わず「可愛い~!」とテンションが上がってきたのではないでしょうか?

 

筆者は前回から3か月越しの、今回が2回目のプリンカフェでした。

実は筆者よりも彼氏がポムポムプリンのことを大好きで、「男一人じゃ恥ずかしくて行けない!」と頼まれたのが最初です。

 

お客さんのうち3~4割はカップルだし、外国人観光客も多いので男性が行っても浮くことはないですよ!

そもそも他のお客さんは店中のプリンに夢中です。

 

ただし土日は混んでいるので、オープンと同時(10:00)にお店に入るくらいのつもりで行くと間違いないです。11:00くらいから混み始め、12:30には1時間外で待つことになりましたから…。

 

今現在キャラクターものに夢中って年ごろではない人も、懐かしさと可愛らしさに癒されること間違いなしです。実は筆者はぬいぐるみやキャラクターものを身に着けたり部屋に飾るのが嫌いなタイプなんですけど、ここだけは別空間。心から楽しめます。

 

年齢性別に関係なく、是非みなさんに行ってもらいたいオススメのスポットです。

スポンサーリンク