貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

【年齢別】自然妊娠や流産の確率:子供がほしい婚活女子たちへ

スポンサーリンク

 

f:id:senaharu:20180204215102j:plain

そもそも、何故出産をするにあたって年齢を気にしなければならないのでしょうか?

「女性は早いうちに一人目を産んでおくべき」とはよく言われますが、現代は女性も男性並みに活躍する社会です。

  • 入社して早々に産休(育休)なんて、言い出せないし…。
  • せっかく昇進できたのに、子供が産まれたら残業の無い部署に変わらないと…。
  • 彼の稼ぎだけに頼っていられない、こちらもフルタイムでバリバリ働かなきゃ!

などなど、女性がいろいろな事情や考えを持っている時代です。

それでも、「出産はできれば若いうちに」という社会的通念は変わらず、むしろ30代40代女性による妊活が取り立たされるようになりました。

 

では、具体的はどの程度の年齢から“リスク”を警戒しないといけないのでしょうか?

また、一口に“リスク”と言っても、どんなことが想定されるのでしょうか?

 

ここでは将来子供を持ちたい女性が知っておくべき、出産と妊娠のリスクについてまとめました。

 

そもそも、妊娠は誰でもできるのか

f:id:senaharu:20180127072639j:plain

芸能人が「妊活」という言葉でメディアに出るようになって、もう随分になりますね。

あなたがこれまでに妊娠の経験がないのなら、「わたし子供産める身体かな?」なんて考えることもないかもしれません。実は筆者もそういった検査の類の経験はありません。

 

これまで大きな病気をしたことがない人は、きっとなんとなく「自分は大丈夫だろう」と思っているのではないでしょうか?

不妊は昔から重大な離婚理由になりますから、昨今では入籍前にブライダルチェックを済ませるカップルも多くなりました。

 

ブライダルチェックは受けるべきか?費用と分かることのまとめ - 貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ


検査により、これまでの生活では分からなかった不妊の問題が浮かび上がることがあります。

それはもちろん女性だけの問題ではなく、男性側にある場合もありますし、もちろん夫婦そろって…ということも。

 

自然妊娠とは

自然妊娠とは医療機関で医学的な治療を受けずに、夫婦生活によって妊娠することです。基礎体温をつけたり、妊娠しやすくなるサプリメントを接種するなどをしていても、治療を受けていないのであれば自然妊娠とされます。

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率を上げる4つの方法 | マイナビウーマン子育て

自然妊娠の確率はビックリするほど低い

自然妊娠は実はそれほど高い確率では起こりません。

なんと25~30歳ほどの女性でも平均して30%未満の確率しかないのです。

 

いざ子供が欲しいと夫婦の意見が一致し、例え夫婦ともに不妊ではなくても、「あれ…?今回も生理きちゃった」というパターンの方が多いのですね。

年齢別自然妊娠の確率

例え母体となる女性が健康であっても、年齢を重ねるごとに自然妊娠の確率は下がっていきます。

女性の年齢 自然妊娠の確率
25~30歳 25~30%
35歳 18%
40歳 5%
45歳 1%
 


この表だけをみると確率の低さに驚く方が多いでしょう。

しかし、なにも1回の行為で子供を作る必要はありません。もっと現実的な数字で見て見ましょう。

1年間の夫婦生活で自然妊娠できる確率

ほとんどの夫婦は多かれ少なかれ“新婚”と言われる期間を楽しまれると思います。

いくら奥さんの年齢が若くないとはいえ、「今月絶対妊娠しなきゃイヤ!」ということはないでしょう。

 

では、1年の間避妊をせずに夫婦生活を営んだ場合は、どれくらいの確率で妊娠するのでしょうか?

女性の年齢 1年で自然妊娠する確率
20代前半 86%
20代後半 78%
30代前半 63%
30代後半 52%
40代前半 36%
40代後半 5%

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率を上げる4つの方法 | マイナビウーマン子育て

 

これを見る限り、30代半ばでは約半分の確率で自然に子供を授かることが可能です。

この半分を意外と多いと見るのか、少ないと見るのか…。

 

そして驚くべきは、40代になってからの急激な確率の低下でしょう。初産でなければ(2人目以降の妊娠であれば)、40代になってからでもいくらか妊娠はしやすいと言われていますが…。

現在30代後半で婚活をされている方にとっては、とてもではないですが楽観視できないデータですね。

流産や死産のリスク

f:id:senaharu:20180127072653j:plain

ようやく妊娠できたとしても、誰の身にも起こりうる悲劇があります。

それは流産や死産です。これらは母体が健康であったとしても、どれだけ女性が気を付けていたとしても起こることがあります。

ところで、流産と死産はなにが違うのでしょうか?

中絶と流産と死産の違いについて

流産

妊娠22週目以内で胎児が生育せずに死んでしまう、自然妊娠中絶のことを指します。

胎児や母体になんらかしらの原因があり起こるものとされます。

死産

妊娠22週目以降で胎児が母体外で生存可能なところまで成長し、その後死亡した場合を指します。

若い母親でも流産する

すべての妊娠で流産する確率は10~15%と言われています。

たとえどれだけ母体が健康体であったとしても、絶対に流産しないなんてことはあり得ないとうことです。まだ若い芸能人が仕事のセーブのために妊娠報告をするときも、たいていは安定期を過ぎてから公表していますよね。

安定期を過ぎるまでは自分の親にも妊娠報告をしない、という夫婦もいます。

流産・死産の理由

流産には子供側に理由がある場合以外に、母親側に原因がある場合があります。

子供側の原因

染色体異常

遺伝病

など

母親側の原因

子宮の異常

黄体機能不全

感染症

内分泌疾患

夫婦間因子

など

 

また、母体である女性が気を付けるべきとされているのは以下の事柄です。

  • 喫煙
  • 飲酒
  • バランスのとれた十分な量の食事
  • 質の良い十分な睡眠
  • 体を冷やさないこと

どれも昭和後半頃には広く知られていた内容ですね。

これを守ることで流産が防げるわけではありませんが、リスク軽減に期待されています。

【医師監修】自然流産の兆候と原因は?自然流産後も妊娠できる? | マイナビウーマン子育て

流産の確率

自然妊娠の確率と同様に、流産してしまう確率も年を取るごとに上がっていきます。

女性の年齢 流産する確率
24歳以下 16.7%
20代後半 11.0%
30代前半 10.0%
30代後半 20.7%
40歳以上 41.3%
 

内閣府「人口減少に歯止めをかけるために 目標のあり方 」国立成育医療研究センター 周産期・母性医療診療センター 齊藤英和

 

ここでも40代以上で急激に確率が上がります。

30代以降での婚活の末、出産を希望している女性にとってはとても不安になる数字です。

 

まとめ:年齢を焦る婚活女子たちへ

 

f:id:senaharu:20180127072612j:plain

やはり妊娠するには20代~30代前半までの確率が高く、同様にリスクが少ないという今や誰もが知っているまとめとなってしまいました。

しかし結婚は一生のことですから、必要以上に焦ってゆくゆく結婚生活が破たんするような相手を選ぶことはないと思います。

 

今はまだ結婚の予定がなくても、将来の出産のために今からでもできることはあります。

健康的な食生活を心掛けること、たばこをやめることは、今すぐにでもできます。

結婚相手に巡り合うまでに、未来の母親として少しでも理想的な健康状態を維持することはとてもいいことです。

 

また、もしあなたが「将来、不妊治療してでも子供を授かりたい」と強く決めているのなら、そのための費用を貯める努力だってとても有意義です。

治療することなく授かれたなら、浮いた貯金はそのまま子供のための学資保険にしてしまえますからね。

若くして出産するママにはなかなかできない、素敵なことではないでしょうか?

スポンサーリンク