貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

はてなブログにお弁当記事でピックアップされたけど、さっそく野菜がない

こんばんは。

アラサーにしてようやく、どんなに簡単な料理でも必ず美味しいと言ってくれる男性と付き合えたハナです。

 

一昨日書いた記事で簡単だけど見栄えのいいお弁当の作り方のコツについて紹介したところ、初めてはてなブログさんにピックアップしていただきました!


f:id:senaharu:20180513233650p:plain


↑こんな感じでした。

 

www.kon-katsu-30.com

 

はてなブログでピックアップされるとどうなった?

お弁当カテゴリでのピックアップだったので、恐らく難易度が低いのかも?しれませんが、アクセス数は普段の3倍になり、とてもうれしかったです。

書き続けてきてよかったなぁ。。。はてなさんありがとう。

 

もちろん彼に報告し一緒に喜んでもらったのですが、今さらながらふと気になったことが。

 

筆者「そういえば、お昼休憩取る時間ないからお弁当しばらくいいよって言ってたけど、まだ忙しいの?」

 

彼氏「いや、最近はそうでもないよ」

 

筆者「え?じゃあもしかしてもうお弁当作ってよかったん?」

 

彼氏「うん、食べる時間あるよ。最近コンビニ弁当食べてた」

 

マジか

 

 

半年ぶりくらいに彼氏のためのお弁当を作ることに

ちなみに、前述の会話は本日の17時頃のもの。

本日は午後から生憎の雨で、車を所持していない筆者たちはとてもじゃないけどスーパーに行く気力が出てきません。

 

筆者「明日お弁当作ったら食べる?」

 

彼氏「食べる!!!」

 

筆者「…冷蔵庫に野菜がないから、見栄えとか良くないけど食べる?」

 

彼氏「コンビニより手料理の方がうれしいもん」

 

筆者「……………」

 

いっちょまえなお弁当記事書いて、なんならはてなブログにピックアップまでしてもらった直後に彩りも何もないお弁当を作ることになりました。

 

そのお弁当がこちら。

 

 f:id:senaharu:20180513231710j:plain


おわかりでしょうか。

チャーハンで必死にネギ(緑)アピールしている悲しきこのお弁当。

ちょうど冷凍ブロッコリーを先日食べ切ったばかりだったのと、葉野菜を食べ切ったところだったので何も緑がない。ミニトマトもパプリカもない。

前述した記事で裏技として紹介した糸唐辛子もほんのちょびっとしか残ってない。

 

偉そうな記事書いたばかりなので、なんだかとっても作りながら恥ずかしかったハナです。

 

ちなみにメニューは、

  • ハムと卵のチャーハン
  • たこさんウインナー(入れる隙間なかったからすごいトコいる)
  • 豚肉ときのこと絹上げの中華炒め(彼氏の好物)
  • いんげんのベーコン巻き
  • 紅生姜入り出汁巻き卵
  • こんにゃくの炊いたん

 

うん。ビタミンと食物繊維が足りませんね。

それでも夕飯にこんにゃくと中華炒めの残りを出したら、美味しい美味しいって完食してもらえて、なんやかんや救われた気分です。

 

彼氏や旦那さんにオススメしたいお弁当箱

ちなみに筆者が彼と相談して購入したお弁当箱はこんな形のものです。

 


 

とにかくスリムでスタイリッシュなので、スーツに合わせたビジネスバッグを型崩れさせることなく収まります。お弁当用のサブバッグを持たなくていいところが、彼も気に入っているようです。


 

 

これはマツコの知らない世界で特集されていて、思わず楽天で購入したというちょっと筆者にとっては運命的な出会いのお弁当箱でした。

 

medianow.jp

 

量も結構入りますし、段数が多いお弁当箱は筆者のように盛り付けセンスが下手な人でもきれいに見せやすいのでオススメですよ。(曲げわっぱのお弁当箱なんてとっても憧れますが、お値段も高く盛り付けセンスが問われるので手が出せずにいます)

 

まとめ:彩りと栄養は大切にしたいけど、やっぱり相手が喜ぶおかずを入れることが大切?見栄えを気にしすぎて作らない選択よりは、作る選択を。

実は筆者と彼は元職場恋愛なこともあり、あまり見栄えの悪いお弁当を持たせることが異様に恥ずかしいと感じてしまう事情があります(筆者が見栄っ張りなのです)

 

彼にはもちろん、彼の上司や同僚に「料理の下手そうな彼女だな」と思われると面白くありませんからね。。。(とっても見栄っ張りですね。。。)

 

それでもニコニコしながら鞄にお弁当をしまう彼を見ていると、「作ってあげることが大切なんだなぁ」と再認識できました。毎食残さず「美味しかった」と食べてくれる彼のためにも、あまり見栄えにばかり捕われずに美味しいお弁当を持たせられるよう、精進していきます。

 

スポンサーリンク