貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

内田前監督と同様、ここ数年で入院逃亡した人をリストアップしてみた

こんにちは。

実はアメフト好きのアラサー、ハナです。

 

実は社会人チームの試合なんかも見に行ったことがあります。

まあアメフト好きになったきっかけは、高校生のときに読んだ『アイシールド21』なので、ぶっちゃけミーハーなにわかなんですけどね。


 

 で、ですよ。 

世間の予想通り、日大の内田前監督が入院しちゃいました。

井上コーチは置いてけぼりですね~…。

内田前監督とは持っている権力とバックが違うから、まあこうなるでしょうね…。

 

会見後の”伝家の宝刀”、入院。

心労だか過労だか知りませんが、逃げ方がしょうもない政治家のようです。スポーツマンシップって、おじさんになると無くなるのでしょうか?

 

せっかくなので、今回は筆者の記憶に残るここ数年の宝刀使いたちを、リストアップしていきます。

 

(政治家を含めるとキリがないので、今回はネット等で検索しなくても筆者が記憶を呼び起こせた人たちだけにしておきます)

 

都合が悪いとすぐ入院!”伝家の宝刀”使いたち

f:id:senaharu:20180524190203p:plain

まずは小手調べ。(一応)謝罪等けじめをつけて、入院された皆さん

山口達也氏

直近で見た会見のインパクトだと、やっぱり山口達也氏でしょう。

  • TOKIOへの未練を謝罪会見中に明かしてしまったこと
  • 未成年の女性を自宅に呼び寄せて同意なしにキスしたこと
  • 事情聴取を受けているにも関わらず、誰にも相談せず仕事を続けたこと

を考えると、どうしても社会から厳しくバッシングされるのは仕方がないでしょう。

 

会見で泣いているから可哀想とは全く思いませんが(百歩譲って宮川選手が泣くならちょっとわかる)とは言え、山口氏も最後の最後は自らジャニーズを退職しました。

筆者が山口氏へ抱く感想は、悪い人というより、幼く未熟なアラフィフという感じでした。

 

アルコール依存を断つためには医療や人の手も必要でしょうから、山口氏が入院したことそのものは”逃げ”や”ずる”だとは感じません。

というか、内田前監督と井上コーチと日大広報米倉氏が酷すぎて、かなりマシに思えてくるからあら不思議。

 

高畑裕太氏

f:id:senaharu:20180524190114j:plain

久々に彼の名前を思い出してまずびっくりしたのは、あの事件からもう1年半以上経っているんだということです。

彼は警察署から出てきた際、集まった報道陣に対して謝罪の言葉を述べて頭を深く下げていますね。とは言え、怒鳴りつけるような喋り方や、恐ろしい目つきから「反省していない」と叩かれても仕方なかったように思えますが…。

 

なんだろう、山口氏の号泣会見も「謝罪してる側なんだから泣かないでよ、山口く~ん…」と特にファンではない筆者は思ったものですが、高畑氏のあの謝罪には度肝を抜かれました。あの睨み付けるような目は忘れられないです。

 

結局警察署から出てきたその足で入院してしまいましたね。

普段なら「うわ、また入院」と感じるところですが、高畑氏の場合は自宅に押し寄せるマスコミも半端ない数である上、なんせホテルで犯罪行為に及んだわけですから宿泊施設に入れることもできない

今考えれば高畑氏が入院と言って雲隠れしたのは、さすがにちょっぴり仕方ないのかなと思えてきました。

 

キム・ボルム選手

f:id:senaharu:20180524185447j:plain

※画像はスケート違い

 

キム・ボルム選手は、平昌五輪スピードスケートの女子マススタートで銀メダルを獲得した韓国の選手ですね。

オリンピック競技中とその後の対応が「いじめ」だと世界中に取り上げられ、銀メダルを取ったにも関わらず、そっちのほうが有名になってしまいました。

表彰台で笑顔でいる写真よりも、祖国からバッシングを受けて氷の上で膝まづいて謝罪する姿の方が出回るとは…。本人が悪いとは言え、結果には同情します。

 

彼女の代理人が五輪閉幕後も精神的な不安と緊張が取り払えないとコメントしたそうですが、そりゃそうだ。国中が、世界中が見ていたんだもの。言い方が大変悪いのを承知で表現すると、ちょっとした犯罪者よりも生きづらいでしょう…。

 

医師の勧めで地元・大邱の病院に入院したそうですが、SNSは大炎上、署名まで集められたら普通の健康状態でいられるわけもないでしょう。彼女の母親も心を痛めて入院してしまったそうです。

彼女の入院は致し方ないという気がします。一生懸命謝っていますしね。

というか、内田前監督と井上コーチと日大広報米倉氏が酷すぎて、かなりマシに思えてくるからあら不思議。

 

栄和人強化本部長

栄氏は、レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨選手へのパワハラが認定された人ですね。オリンピックのメダリスト何人も育てているので、指導者としての実力やセンスは本物だったのでしょう。

 

ん?これって今年のニュースですから、大相撲の不祥事も合せて考えると日本のスポーツ界、闇が深すぎる…。

 

内田前監督や井上コーチは栄氏が辞任に追い込まれる様を見て、ものすごーく他人事に思っていたのでしょうね。こういう人って本当自分には関係ないとナチュラルに思ってるんだろうなぁ。思っているというより、このニュースを見て意識すらしていないのが実際のところでしょう。

 

栄氏入院について散々ネットで調べたのですが、核心を突く情報が見つからないためもしかしたら入院にはいたっていないかもしれません。

あれ?じゃあなんで筆者は入院したと思っていたのか?

よくよく当時の報道内容を見てみると、栄氏が監督を務める至学館(しがっかん)大が「監督は衝撃を受け心身が衰弱し、日常生活を送ることも困難」と声明を発表し、安静療養が必要とアピールしたのですね。

 

さあ本番。誰がどう見ても入院逃亡したみっともない皆さん

豊田真由子議員

f:id:senaharu:20180524185516p:plain

この人ほど説明が不要な人も珍しいです。

「この禿げ~~~~~!!!」の人です。

どうしよう。禿げの2文字で説明が完結してしまった。

 

個人的にはこの方、『境界性パーソナリティ障害』の可能性があると思うので、逃げや雲隠れではなくてちゃんとお医者さんに通って欲しいです。

病気だとしても、やられる側はたまったものではないし一生許せないと思いますが…。

h-navi.jp

どちらにしても、いい大人がまともな謝罪もなく入院するくらいなら、せめてホテルにでも篭城してくださいよ、という感想です。

 

中川郁子議員

f:id:senaharu:20180524185531p:plain

ここら辺から「誰だったっけ?」と思い出せない読者の方もいらっしゃるのでは?

2015年のスキャンダルなので、3年前にバズった人です。スキャンダルの特徴は、

  • 不倫で路チュー(舌絡ませ)
  • 4ヵ月後に同じ不倫相手とデート

ん…?あれ…?他の人のインパクトがすご過ぎて、なんか影が薄い…。

中川氏は未亡人なので、不倫といわれるのは相手に家庭があったということですね。

ちなみにお相手はこちら。相手も政治家で娘さんが3人いらっしゃいますね。

www.warau-kado.jp

中川氏は未亡人という境遇と、綺麗なお顔立ちの印象が強い議員でしたから、そりゃ不倫路チューは鬼の首を取ったように叩かれて然るべきですね。

 

そしてこの人は謝罪を行った後、宝刀を抜いて入院しましたが、入院先で喫煙して叱られるという…。

それを報道されて「不眠不休でうっかり…」的なことを言ってしまうという…。

 

橋本聖子議員

f:id:senaharu:20180524185555j:plain

はい、この人も「誰だっけ?」と忘れられつつあるのではないでしょうか。

一文で皆さんの記憶を呼び起こさせるならば、

 

フィギュアスケートの高橋大輔選手に無理くりチューしてる写真で大炎上したおばちゃんです。

 

ソチ五輪の打ち上げで嫌がる高橋選手にキスを迫ったそうなので、その場に居合わせた人何十人もいるだろうに…。

男女逆転したら一発アウトと分かりやすい犯罪行為ですが、その権威(※)からか、高橋選手の意向か、意外と大事にはなりませんでしたね。

 

※橋本氏はこの時点で国会議員&日本スケート連盟会長&日本自転車競技連盟会長&2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事だったそう

 

フィギアスケートファンは競技の華やかさ故か圧倒的に女性が多く、特に橋本氏くらいの年代のファンが多いです。

女性議員が女性を敵に回したらどえらいことになるのが、分からなかったのでしょうか…。高橋選手が喜んでいるとでも思ったのでしょうか。事件から4年経った今でも理解に苦しみます。

結局議員のHPは大炎上してサーバーがダウンし、本人もダウンして入院したと当時報道されていました(誰が上手いこと言えと)

 

まとめ:もっといたはずなのに、これだけしか思い出せない!人って所詮他人事だと忘れてしまうのね…

はい、これが筆者が思い出せた伝家の宝刀を抜刀した方々です。

少ないなぁ…。もっとたくさんの報道を見てきて、一国民としてそれなりに憤りとか感じたはずなのになぁ…。

 

とにかく内田前監督はこれ以上生き恥を晒さないで頂きたい。

この一言ですね。

 

理想は世間がはやく宮川選手の名前を忘れ、でも事件だけはずっと覚えていることなのでしょう。

スポンサーリンク