貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

伊香保温泉・ホテル『天坊』で彼氏の誕生日サプライズに成功しました

はてなぶろぐのピックアップテーマに温泉が追加されていたので、筆者の数少ない旅行体験を記事にします。

 

昨年の彼氏の誕生日に、1泊2日で伊香保温泉まで行ってきました。

旅行慣れしていないわたしのため、ほとんどのデートコースは彼が主体となってくれたのですが、筆者も実はサプライズを企画していたのです。

 

サプライズは大成功で、ホテルもとても素敵なところでした。

この記事では、

  • サプライズ内容と当日のスケジュール
  • ホテル『天坊』のおすすめポイント

を写真付で記録します。

彼氏との初めての旅行は、群馬・伊香保温泉でした

f:id:senaharu:20180607161659j:plain

テレビを見ていたら、群馬県に行ってみたくなった

昨年2017年の夏のことです。

お付き合いを始めたばかりでまだ同棲もしていなかった頃、筆者と彼は彼の部屋でお馴染み「秘密のケンミンショー」を見ながら夕食を食べていました。

 

その日の放送では群馬がクローズアップされていて、温泉好きの彼は

「温泉に行きたい!」

食べるのが大好きな筆者は

「玉こんにゃく食べたい!」

と大盛り上がり。

社会人6年目の今でも年に一回は学生時代の友人と旅行する彼はとてもフットワークが軽く、「じゃあ行こう!」と即断してくれました。

 

当時はふたりとも同じ職場で勤務していましたから、すぐに予定を合わせ、比較的観光客の減る9月に日付を決めました。

その日が偶然彼氏の誕生日だったのです。

どの温泉に行くかはネットと「るるぶ」で決めた

彼は栃木の日光には明るいですが、群馬の温泉は初めてということでした。

旅行をしない筆者でも知っている温泉の名前と言えば、「草津」と「伊香保」。

どちらも捨てがたかったですが、

  • 草津より伊香保の方が自宅から近いこと
  • 伊香保温泉の石段(階段)の写真を見て筆者が惹かれた

というのが決め手になり、目的の温泉は伊香保温泉となりました。

 

彼と初めての旅行だったので、あえて近場から攻めたいと思いました。

 

「群馬行こう!」と決めた数日後、彼がるるぶ(まっぷるだったかも?)を買おうかと言ってくれましたが、「今の時代ネットで何でも見れるし、大丈夫じゃない?」と筆者が止めました。

 

でも結局、楽しみすぎてどうしようもなくなり、翌週には筆者が買ってきてしまいました。

そう言えば、筆者は自分で行き先を決めたり、宿泊先を吟味したり、観光コースを考えるのはこれが初めての体験でした。とにかくとても楽しみで仕方ありませんでした。

 

ホテルを『天坊』に決めたのは、HPで見て筆者が一目惚れしたから

f:id:senaharu:20180607161750j:plain

※お風呂の写真は撮ってないので、これはフリー素材の写真です※

 

目的の温泉を伊香保温泉と決めてから、次に宿泊先を探しました。

やはり温泉ですから、和を楽しみたいというのはふたりの共通の価値観でした。

 

ホテル『天坊』のHPはとても立派で、はじめて伊香保に訪れる観光客の想像力を引き立てるのがとても上手です。

www.tenbo.com

他のホテルのHPも見ましたが、結局自分達が伊香保を観光している姿を想像するとどうしても『天坊』がチラついてしまうww

ちょっと筆者にはお高かったけど、せっかく彼の誕生日だからと奮発することにしました。

 

具体的な決め手は、

  • 温泉(大浴場)が2箇所ある
    3Fと地下1Fに趣の違うお風呂がある
  • 色浴衣の貸し出しがある
    お誕生日かつデートなので、普段見せられない姿でいたかった
  • 夕食のバイキングがとても美味しそうだった
    筆者は特に鮎の塩焼きを食べてみたかったのです

など、他にもたくさん決め手がありました。

 

色浴衣の貸し出しとは、温泉旅館が通常のアメニティとしておいている浴衣以外に、女性客が喜ぶような華やかな色柄の浴衣を置いてあるサービスのことです。

女子旅やカップルにはもってこいですよね!

 

ちなみに、るるぶでは「色浴衣が着られるプラン」という検索枠があります。

rurubu.travel

 

せっかくなら浴衣に着替えて伊香保温泉街を歩きたかったので、このサービスがあるのは嬉しかった(乙女心)

 

宿泊プランによっては無料で貸し出してもらえるみたいですが、筆者は有料でレンタルしました。普通に当日フロントで「色浴衣着たいんですけど~」って声を掛けるだけで数種類から選ばせてくれましたよ!

うろ覚えですけど、料金はせいぜい500円くらいじゃなかったかな??

 

サプライズの内容をひとりで吟味

ネットで天坊に宿泊予約を取ってから当日まで、まだ2ヶ月弱時間がありました。

せっかくの彼の誕生日なので、やっぱりただの旅行じゃなく「お誕生日おめでとう」感は出していきたい。

 

筆者は片っ端から『誕生日 サプライズ 旅行』でググりました。

恐らく誰かのアドセンス収益に貢献したかもしれませんw

(あの頃はアドセンスの「ア」の字も知らなかったけど)

 

最初はホテルに協力を依頼するつもりだった

『サプライズ 旅行』で検索すると、

  • 宿泊先に先に話を付けて別料金でケーキを用意してもらった
  • 部屋で食事中に仲居さんにケーキを持ってきてもらう
  • ホテルのレストランの中で、バーステーソングを歌ってもらう
  • チェックインしてみたら部屋がお誕生日仕様に飾りつけされている

などが多かったです。

しかし、実際のところ、

  • 部屋食じゃなくてレストランでバイキング
  • 絶対お腹はちきれるまで食べるのに、ケーキなんて出されたらむしろ大変
  • 他のお客さんを巻き込むなんて、申し訳ないし恥ずかしいしなんかイヤだ
  • 飾りつけって、具体的にどうする?片付けも大変
  • 旅館の和モダンを楽しみにしているのに、飾り付けてしまうなんて本末転倒

ということで、正直全く参考にすることが出来ませんでした。

スイートルームレベルのお金を使うのならまだしも、筆者と彼は一人2万2千円くらいの宿泊費ですしね。。。(夜と朝のバイキング付きで、中の上くらいのお部屋をチョイスしていました)

 

う、うう~ん。。。

人様を巻き込むのはやめよう。

 

持参できるサイズのものでどうサプライズするか?

何か大きなものを持参すると、荷物が多くなって彼にバレてしまいます。

とは言え、何かを用意してホテルに宅急便して受け取ってもらうのも申し訳ない。
そして結局それを持って帰るのかと思うと。。。
(我々は遠出するときはレンタカー利用しています)

 

うう~ん。
旅行鞄に入る程度の何かを準備しようという結論に至りました。
誕生日プレゼントはアクセサリーを用意済みだったので、こちらは嵩張りません。

 

悩みぬいた挙句、
あくまでサプライズはおまけだから(本命はアクセサリーだから)、なんか手作りで『お誕生日おめでとうボード』を作成しようと決まったのです。

 

DAISOで材料を集めてDIY的なハンドメイド的なことをやってみた

もともと不器用でセンスも無いので、失敗して廃棄処理になっても泣かなくてすむよう、材料は全てDAISOで揃えました。

 

彼が小学生女子と張り合えるくらい可愛いもの大好きなので、彼の好きなカピバラさんのピンを通販してアクセントにしました。送料の方が高かったです。

実際どんなものを制作したかは、記事の後半で画像を貼りますね。

 

旅行当日、わたしは完全犯罪サプライズを実行しました

f:id:senaharu:20180607162028p:plain

金田一少年の事件簿の犯人、きっとみんなこんな気持ち

9月のある土曜日、彼と駅前で待ち合わせてレンタカーに乗り込みました。

たかだか1泊2日の旅行のくせに、ハンドバック・ボストンバッグ・トートバッグを抱えて額に汗をにじませる筆者。(9月の晴れの日でした)

 

彼氏「荷物多いね?」

筆者「えっ?別に多くなくない?アラサー女子なんてみんなこんなもんだよ!」

 

午後、群馬県渋川市に到着。

ロックハート城でお姫様体験とかしっかり楽しんでから、ホテルにチェックイン。

なお、ケーキを食べればいいじゃない后なみのドレスで9月の屋外に出たため、既に汗だくでちょっと疲れている模様。

ロックハート城|国内観光スポットランキング1位(旅行・レジャー総合サイトるるぶ.com)

 

彼氏「ホテルの駐車場ちょっと歩くし、荷物持つよ」

筆者「ありがとう、じゃあお願いしようかな(サッ」

彼氏「いや、その一番大きいやつ持つよ」

筆者「いや、これ全然重くない。見かけだけだから。そっちのトートのほうが重いから」

彼氏「じゃあ両方持つよ」

筆者「ううん、大丈夫」

 

だって持たせたらこのボストンバッグの中身がスカスカで、サプライズのために作った小物が移動中壊れないようにタオルでくるんでいるだけだとわかってしまうからね。

 

きっと金田一少年の事件簿で、完全犯罪の仕掛け真っ最中なのにはじめちゃんとか美雪に

「手伝いますよ~」

とか声掛けられた犯人ってこんな気持ち。

sokuyomi.jp

名探偵コナンの犯人、きっとみんなこんな気持ち

筆者のサプライズ計画は、土曜日から日曜日に日付が変わってから驚かせるというものです。

彼が温泉やホテル内のゲームセンターで楽しんでいる頃こっそり部屋に戻り、サプライズ用に作成した「お誕生日おめでとう」ボードとプレゼントを机に飾っておくというけっこうシンプルな計画でした。

完全犯罪サプライズまであと9時間

f:id:senaharu:20180607163552j:plain

ロビーに入って、まずとても立派なエントランスにときめきました。

 

中庭の鯉が優雅に泳ぐのを見ながら、ウェルカムドリンク。

f:id:senaharu:20180607163633j:plain

こんなホテルに彼氏と二人で泊まりに来ちゃうなんて、わたし大人になったなぁなんてしみじみ。飲んでるのメロンソーダだけど。

 

部屋に移動し、そのお部屋があまりに素敵で悲鳴を上げるふたり。

※まだ事件は起こっていません。

 

荷物を投げ出し(ボストンバッグだけそっと畳に置き)、とりあえず使って散らかす前の大撮影会。

実際に筆者達が泊まったお部屋がこちら。

 

f:id:senaharu:20180607163720j:plain

 

本当ならここ4~5人泊めちゃうお部屋なんだろうなぁ。なんて贅沢なんだ。

 

壁紙と家具のバランスがとっても素敵でした。

旅行慣れしている彼も、「今まで泊ったホテルで一番テンション上がる部屋だ!」と大興奮。

 

そのままフロントに色浴衣を借りに行き、伊香保温泉街へ繰り出しました。

浴衣は筆者が普段着ない色を敢えてチョイスしたので、とってもお得感がありました。

 

f:id:senaharu:20180607163813j:plain

 

温泉饅頭(湯の花まんじゅう)を食べたり、射的をしたり、玉こんにゃくを食べたり、写真を撮ったりと「これぞ日本の温泉街!」という楽しみ方で満喫。

 

夜、夕食のバイキングの受付時間に間に合うよう、ホテルに戻りました。

天坊からは歩いて石段のところまで行くのはちょっと遠いので、筆者達は車で行って近くの有料駐車場に停めてました。

 

完全犯罪サプライズまであと6時間

荷物を部屋において、すぐにホテルのレストランへと向かいました。

レストラン『旬の坊』は雰囲気のある大きなレストランでバイキング形式で夕食をいただけました。

 

f:id:senaharu:20180607163912j:plain

※撮影者が彼で、黄色いのが色浴衣を着た筆者です。

 

念願の!鮎の塩焼きも食べました。

初めて食べました。なんだか「日本の温泉っていいなぁ~」と噛み締めてしまいました。

川魚ってこんなお味なのね~。

たぶん写真の3倍くらい食べました。

 

食事が終わって、いよいよ大本命のお風呂タイムです。

天坊の大浴場は3Fと地下1Fの2箇所あります。

※筆者達は入りませんでしたが、3Fには家族風呂などもいくつかあるようでした。

 

f:id:senaharu:20180607164052j:plain

 

f:id:senaharu:20180607164124j:plain

 

地下1Fの「岩風呂」は男女の入浴時間が交代制になっているタイプのお風呂。

とにかく立派で趣がありました。

筆者達が宿泊した日は夜が女性の時間で、翌朝が男性の時間でした。筆者は夜は岩風呂に、翌朝は3Fの「天晴」で朝風呂を楽しみました~。

www.tenbo.com

www.tenbo.com

ちなみに、どっちのお風呂も素敵でしたが、筆者も彼も地下1Fの岩風呂派です。

 

完全犯罪サプライズまであと2時間

入浴後にロビーで待ち合わせ、売店やゲームセンターを一通り見て楽しみました。

しかし朝からの運転や、ロックハート城での仮装や観光の疲れが出たのか、彼は「部屋に戻ろう」と言い出しました。

 

予定と違うんやけど。

 

日付が変わる直前くらいには部屋から出ていてくれないと、サプライズにならない。

コレは困った。

 

部屋でくつろぎながら筆者はコナンの全身黒タイツの人並みに焦っていました。

くそ、計画と違うぜ…!

このままじゃ、ブツを取り出すタイミングが完全になくなってしまう!そうすればこの計画は終わりだ…!

 

筆者「あ、鯉がいるところの足湯行こう(閃いたー!)」

彼氏「お、いいね。行こう行こう」

 

しかしエレベーターに乗り込んでからまたも問題にぶち当たります。

いやいや、さすがに足湯に2時間も浸かりませんよねって。

 

(↓ちなみにここが足湯)

f:id:senaharu:20180607164308p:plain

 

しかし、筆者は1階にエレベーターが到達する数秒の間で次の手を考えました。

 

エレベーター「チーン」

筆者「やっぱりあそこの居酒屋みたいなとこ行こう」

 

実は1階には予約なしで入れる居酒屋のようなお店があったのです。

お酒とかおつまみとかラーメンとかケーキとか、とりあえずなんでもござれな感じのお店です。

 

彼氏「え、でもバイキングでお腹はちきれそうって言ってたよね?」

筆者「せっかく雰囲気ええホテルやから、お酒飲みたい」

彼氏「そっかー」

 

よし、これで日付が変わるまでここで時間を潰せばいい。

完璧だ。わたしの計画に狂いはない。

あとはトイレに行くフリをして、こっそり部屋に戻ってブツをセットするだけだ。

 

完全犯罪サプライズまであと30分

f:id:senaharu:20180607164403j:plain

満腹ではちきれそうなお腹にどうにかラーメンを流し込み(なぜ頼んだ)、筆者はそっと立ち上がりました。

 

筆者「ちょっとお手洗い行ってくるわ」

彼氏「トイレならこの店の隣の廊下にあったよ」

筆者「……(´◕ω◕`) そうなん、ありがとう」

 

店から出た後、筆者はちょっと走りました。

周りに他のお客様はいらっしゃいませんでした。でも申し訳ありません。

 

エレベーターの↑ボタンを連打し、筆者はスマホで時間を確認しました。

 

女性がすぐ近くのトイレに言ってくる時間として、不自然でないのは5~8分。

せいぜい10分。いや、わたしは風呂上りだ。「メイク直ししてたの~」なんて子芝居は通用しない。

なんか知らんけどエレベーター降りてくるのめっちゃ遅い。

ここは1階。筆者の部屋はかなり上の階でエレベーターからはかなり遠い。

 

戻れるか…?8分で戻れるか…?

戻れなければお腹壊したと思われてしまう。記念すべき夜にそんなの不名誉すぎる!!!

 

大急ぎで部屋に戻り、これからデカいことしてやるぜと言わんばかりに緊張で上手く開けられない鍵を開け、ボストンバッグからサプライズボードとプレゼントを取り出す。

 

正面から見てみる。

角度を数ミリずらす。

部屋に入ったときのサプライズ感重視で、廊下から見てみる。

角度を数ミリずらす。

 

よし、完璧や!!!

 

(いまさらですが筆者は関東の人ではありません)

 

ダッシュでエレベーターに戻る。

エレベーター、来るのめっちゃ遅い。

なんかお腹痛い。子どもの頃の記憶が蘇る。そうだわたしはかくれんぼで隠れる役になるとお腹痛くなるくらい緊張しいだった。いまめっちゃお腹いたい。

エレベーター来る。ちょっと前かがみで乗り込む。

 

彼氏のところに戻ったときは、11分経っていました。

 

筆者「お待たせ~」

彼氏「大丈夫?どうしたの?食べ過ぎたの?」

筆者「そんなことないよ」

彼氏「お腹痛いなら布団で横になろう?明日もいっぱい観光したいしね」

 

いや、いま部屋に戻ったら日付変わる前にサプライズ見つかってしまうんやけど。

未遂で逮捕ってヤツなんやけど。

 

完全犯罪サプライズまであと15分

お店でお会計をしながら筆者は考えました。

そうだ、まだ足湯に行ってなかった。あと15分、いい時間じゃないか!

 

f:id:senaharu:20180607164503p:plain

 

筆者「足湯行きたい」

彼氏「お腹いたいの大丈夫?」

筆者「全然大丈夫~(痛くない言うとるやろが)」

 

足湯は夜でもライトアップされていて綺麗なので込んでいるかと思いきや、運よく二人きりでした。

そこでなんとか日付が変わる瞬間を迎えることが出来ました。

 

筆者「お誕生日おめでとう」

彼氏「ありがとう。゚(゚´pωq。`)゚。」

筆者「ほな部屋戻ろうか(グギュルルルルル」

彼氏「…お腹大丈夫?」

筆者「(ほんまに)トイレ行ってくるわ」

 

教訓:食べ過ぎた直後の緊張とダッシュはダメ。

 

完全犯罪サプライズ完成!!!

部屋に戻ってすぐ、彼氏はサプライズに気付きませんでした。

まあこんな感じでチョコンと置いていただけなので。

f:id:senaharu:20180607164740p:plain

 

 

f:id:senaharu:20180607164810p:plain

 

ハートとテディベアはこの日に観光したロックハート城で彼氏の誕生日のベアがあったので、買っておきました。可愛いもの好きな人なので…。

ハートは願い事を書いて本当はロックハート城に置いていくのが本来なのですが。

 

布団にゴロンと横になったとき、机の上のサプライズに気付いて「えっ!?」と飛び跳ねました。

 

彼氏「なにこれ!?」

筆者「サプライズだよ~。お腹痛いのは嘘だったんだよ~(途中で本当になったけど)」

 

彼氏「ありがとう…ありがとう…。びっくりした…。゚(゚´pωq。`)゚。」

 

涙ぐむ彼氏を前に、筆者は確信しました。

完全犯罪サプライズ大成功だと。

 

まとめ:ホテル天坊は食事もお風呂もお部屋も最高。でも広くて立派なホテルなので、筆者のようなサプライズをする人は廊下を小走りするはめにならないよう、計画性を持ってやってください。

f:id:senaharu:20180607162111j:plain

筆者が旅行慣れしてないとは言え、本当に綺麗なお部屋でした。


彼の誕生日なのでがっかりする要素はゼロにしておきたかったのですが、チェックインしたときはとてもテンションが上がりました。間違いなく一生の思い出になりました。


ホテル天坊さんでなければ、もしかしたらサプライズ失敗していたかもしれないし。。。笑

 

結婚したらいつか両親を呼んで、伊香保に連れて行ってあげたいと話しています。
そのときも宿泊先は天坊がいいと思っています。良いお宿でした。

スポンサーリンク