貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

かけ引き不要!好きな人へLINEやメールをすぐ返信すべき5つの理由

こんにちは。アラサーOLのハナです。

 

あなたは気になる異性からLINEやメールを受け取った際、すぐに返信していますか?

 

筆者が中学生だった10年以上前のこと、「返事はすぐに返さない!」なんてテクニックがもてはやされていました。

しかし、これは大きな間違いだったんです。

この記事では、

  • 好きな人のLINEやメールを即レスすべき5つの理由

をご紹介します!

相手のことが好きなら、かけ引きしてはいけない!

一昔前は、好きな人への返事をすぐに返してはいけないと言うのがセオリーでした。

YUI「CHE.R.RY」でもそう歌っていたので、20代30代の方は印象に残っているのではないでしょうか。

www.youtube.com

しかし、よく思い出してみてください。

「CHE.R.RY」の歌詞は正しくはこうなのです。

返事はすぐにしちゃダメだって 誰かに聞いたことあるけど

かけひきなんて出来ないの 好きなのよ ah ah ah

結局この歌詞では駆け引きをしていないのです。

この歌詞では淡い恋心を歌っているだけで、その恋が報われたかどうかの描写はありませんよね。

ですが、筆者はこの恋が成就した可能性が多いにあると考えています。

それは、この歌詞に登場する女性が彼へのメールに即レスしているからです。

 

LINEやメールの返信を即レスした方がいい理由は5つもある!

f:id:senaharu:20180726152454j:plain

ここまでこの記事を読んで、

すぐに返信すると、鬱陶しく思われそう

待たせた方が、相手が私のことを気にしてくれそう

と思われた方もいるでしょう。

 

その不安をひとつひとつ払拭していきましょう!

LINEやメールを即レスした方が良い理由は、大きく別けて5つもあります。

【1】考え抜いた丁寧な返信より、即返信する方が喜びやテンションを共有できる

f:id:senaharu:20180726152526j:plain

相手に少しでもよく思われたくて、返事する文面を考え抜いて時間をかけるタイプの人が居ます。

もちろん相手に誤解されるようなことや、万が一でも不快な思いをさせることが無いように、きちんと考えて送ることが大切です。

 

ただし、もう1つ大切なものがあります。

それは、あなたの「嬉しい!」という気持ちを分かりやすく伝えるのが、返信するスピードだと言うこと。

 

人間は嬉しい提案を受けたり、好意を持っている人から何かアクションをもらった場合、素早く反応するものなのです。それはもう本能なので、仕方がありません。

そして勢いですぐに反応する際は喜びが態度に出ます。

 

例えば相手から

来週末、みんなでBBQするんだけど一緒に行かない?

と誘われたとします。

あなたは誘われたのがとても嬉しくて、絶対に行きたいと思った。

それなら、何時間も待たせてから返答するよりも、そのLINEを読んですぐに「行きたい!」と返信するべきです。

 

何故なら前述した通り、人間は嬉しいことへの反応が早い生き物だから。

これを駆け引きだなんだと勘違いして何時間も待たせると、

「乗り気じゃないのかな?」

「誘わない方が良かったかな?」

と相手からマイナスのイメージを持たれてしまうかもしれません。 

2.仕事に置き換えて考えてみれば、当たり前のこと!

f:id:senaharu:20180726152555j:plain

大切なクライアント、絶対に機嫌を損ねたくない上司のメールの返信を後回しにしますか?

メールを開封したその場で、すぐに返信したり返信内容を考えますよね。

 

後回しにすると言うのは、「あなたからの連絡は私にとっては優先順位が高くないですよ」という無言のアピールです。

どんな上司も、いつも返信を待たされる部下より、返信が早く明確な部下に仕事を任せます。

 

仕事であろうがプライベートであろうが、返信が遅いというのは相手を待たせると言うことであり、大袈裟に言えば相手をないがしろにしている行為です。

 

もちろん、毎回毎回5分以内の即レスをするべきというわけではありません。

返せるときは早く返す、ということが大切です。

毎回は無理でも、時々は”即レス”しましょう 

3.あなたからの返信が遅いと、相手の返信も遅くなりがちに

f:id:senaharu:20180726152756j:plain

人間は相手に合わせる生き物です。

人は鏡とも言いますよね。

 

丁寧に扱われれば丁寧に対応するし、ぞんざいに扱われればあなたもそんな相手を立ててあげようとは思いませんよね。

 

LINEやメールの返信速度もこれと同じです。

あなたからの返信が遅いと、相手があなたに返信するタイミングも遅くなってきます。


4.相手が連絡を取り合っている異性があなただけとは限らない

f:id:senaharu:20180726152948j:plain

あなたの好きな人が連絡を取り合っている異性は、もちろんあなただけとは限らないですよね。

だって、彼氏彼女の関係にさえならなければ、同時進行でいろんな異性と連絡を取ったり一緒に出かけたりするのは普通です。

特にモテ期だと同時に複数人からアプローチされますしね〜

あなたがどれだけ、

「わたしとあの人、今いい感じなの!」

と感じていたとしても、決定打が無い限り相手はあなたと同時進行で他の異性と連絡を取り合えるわけです。

では、相手とあなたよりももっといい感じな異性が実は居たとしたらどうしますか??


あなたが要らぬ駆け引きで返信を待たせている間に、先を越されているかもしれません。

 

分かりやすく例を挙げます。

あなたは今、Aさん・Bさんという2人の異性と親密な連絡を取り合っています。

ルックスや性格、年収や職業など、特にこれと言ってAさんとBさんに大差がなかったとします。

Aさんは連絡がマメで返信が早いですが、Bさんは連絡しても返信がまばらでなかなか返ってきません。

 

もしも両方から告白された場合、あなたはどちらを選ぶでしょうか?

 

多くの方は、連絡がマメで安心できるAさんを選ぶと思います。

タイミングが合わないって、立派なマイナス要素なんです 

5.保留なら保留で連絡することで、次回に繋げやすい

f:id:senaharu:20180726153108j:plain

とは言え、駆け引き云々ではなく純粋に、

「うーん、その返事は即答できない!」

という場合もありますよね。

何かに誘われて予定がまだ分からないときなんか、まさにそれです。

 

そういうときは、「保留にしたい」という返事をきちんとしましょう。

 

まだ予定が分からないので、確認しますね!

是非行きたい!
いつまでにお返事すれば一緒に行ける?

など、前向きな言い方で保留にしてください。

 

保留の連絡も入れずに待たせると、他の人と行く予定を立てられてしまったり、「乗り気じゃないんだな」と判断される場合があります。

 

予定が分からなくても、「保留にしたい」という旨の連絡を即レスすることで相手へのストレスやマイナスのイメージを防ぐことができますよ。

 

【番外編】どうでもいい人には無理にすぐ返信しなくて良い

f:id:senaharu:20180726153143j:plain

こちらの記事でも紹介していますが、よほどの例外でない限り、「返信が遅い=脈なし」です。

▼返信をもらいやすくするコツはこちら

www.kon-katsu-30.com

はっきりと断りづらいときなどは大変ストレスですから、返信を多少待たせたりなど塩対応はある程度仕方が無いと開き直りましょう。

ただし、無期限の保留で逃げるのは、期待させたり怒らせたりして、場合によってはあなた自身の周囲の評判を落とすので注意しましょう。

 

まとめ:すぐ返せるLINEやメールの返信を意図的に待たせるのは逆効果!むしろ即レスの方がよほど恋愛にプラスに働きます!

f:id:senaharu:20180726153212j:plain 

いかがでしたか?

 

もちろん、何でもかんでもすぐに返信できるわけではありませんよね。

相手に合わせて夜遅くまで起きていたり、仕事の合間に無理にスマホをチェックする必要はありません。 

また、不自然な即レスは「この人ちゃんと仕事してるの?」というマイナス評価にも繋がりかねませんので、無理なく返信できる範囲で返信速度には気をつけましょう。

 

「即レスしたら、好意がバレてしまうのでは…」

と不安がる人も居ますが、好きな人があなたの好意に気づいてくれるのはむしろ喜ばしいことです。あなたが女性ならば尚更メリットがあります。

男性は自尊心が強いので、フラれる確率が高そうだと アプローチしてきません

つまり、ちょっとくらいは「この子、俺のこと好きなのかな…?」と思われた方がその後の展開が期待できると言うことです。

 

▼その他モテ技を知りたい方はこちら

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

www.kon-katsu-30.com

スポンサーリンク