貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

結婚を焦りまくっていたアラサー貯金なしOL(婚約中)が、「婚活・モテ」「貯金」「ダイエット」などをテーマに情報を発信しながら、自分も早くお金を貯めて挙式を目指すブログです。

【おすすめダイエットコーヒー】3つの効果と美味しいアレンジをご紹介

こんにちは、アラサーOLのハナです。

 

あなたは超手軽に続けられるダイエットのひとつ、【コーヒーダイエット】を試したことはありますか?

 

コーヒー好きの人にとっては苦も無く楽に続けられるダイエットとして注目されていますよね。

実は筆者はいい年をしてコーヒーが苦手なのですが、ダイエットをきっかけに克服できたらいいなと思い、コーヒーダイエットについて調べることにしました。

スタバで飲むような甘~いのは好きなんですけどね。。。

この記事では、

  • コーヒーダイエットの効果
  • おすすめの【ダイエットコーヒー】
  • ダイエット中でもOKな美味しいアレンジ

についてご紹介します!

コーヒーダイエットの”やり方”と”効果”は

コーヒーダイエットの基本のやり方

f:id:senaharu:20190127000306j:plain

コーヒーダイエットと言われると、なんとなく

毎日たくさんコーヒーを飲めばいいのかな?

と思ってしまいますよね。

 

10年以上前に流行ったバナナダイエットりんごダイエットは、とにかく食事の代わりにバナナやりんごばかり食べなさいという偏った食事制限のことでした。

 

コーヒーダイエットは「コーヒーだけ飲みなさい」という偏ったものではなく、

  1. コーヒーを飲むタイミングに気を付ける
  2. 飲み方に気を付ける

この2つのポイントさえ押さえれば、簡単に楽に続けられるダイエット方法です。

 

コーヒー好きな人は多いはずですが、コーヒー好きで一日中飲んでいる人でも痩せているとは限りませんよね。

そういう人はきっと、コーヒーを飲むタイミングとコーヒーの飲み方がダイエット向きじゃないのでしょう。

コーヒーを飲むタイミング

f:id:senaharu:20190127000324j:plain

コーヒーを飲むことによる健康効果はいろいろありますが、心配な点がないとは言えません。

 

カフェインを取りすぎることにより逆に体調を崩すこともありますから、コーヒーダイエットに挑戦する場合はきちんとコーヒーを飲む効果的なタイミングを狙って飲むのがおすすめです。

むやみにダラダラとたくさん飲めばいいというわけではないですよね

コーヒーダイエットに効果的なタイミングは、大きく分けて3つあります。

【1】食後に飲む

食後にコーヒーを飲むのは、コーヒー好きの人にとってはごく当たり前の習慣ではないでしょうか。

実はこれ、ダイエット効果があるタイミングだったんです。

 

コーヒーには脂肪燃焼効果があるため、空腹時ではなく食後に飲むことで効果が得られやすくなります。

 

また、食欲を抑える効果もあるので、お腹いっぱいに食べてから食後のコーヒーを飲むのでなく、腹7~8分目で食事を終えても満足感を得やすくなります。

【2】入浴前に飲む

シャワーで済ませてしまう人には効果がありませんが、湯船につかる人は入浴の30分前を目安にコーヒーを飲むのがオススメです。

 

発汗作用が高まるので、半身浴をする人は特に試してほしいタイミングです。

効果が出るまで少し時間がかかるので、お風呂に入る30分前くらいに飲みましょう

ただしカフェインの効果で寝つきが悪くなる場合もあるので、入浴後にすぐ眠りたいときは控えた方がいいかもしれません。

【3】有酸素運動の前に飲む

ジョギングや水泳など、有酸素運動を行う30分ほど前に飲むのも効果的です。

これは【1】でも紹介した脂肪燃焼効果を狙ったものです。

 

市販の脂肪燃焼効果を謳った商品もたくさんありますが、家にあるもので安く手軽に効果を狙えるのは嬉しいですよね。

ジムに通っている人は、家で飲んでから出かけると丁度いいかも?

缶のブラックコーヒーなどは基本的にカロリーゼロですが、市販の商品はわずかながらカロリーがあるため、そこが気になる方はコーヒーの方が安心かもしれません。

 

コーヒーダイエットの効果

既にざっくりとご紹介してしまいましたが、コーヒーダイエットの効果は3つあります。
それが、
  1. 脂肪燃焼効果
  2. 食欲を抑える効果
  3. 発汗作用
です。
 
市販の缶コーヒーや、インスタントコーヒーで十分に効果があるため、あらゆるダイエットの中でもお手軽さならトップクラスではないでしょうか。
 

コーヒーダイエットで大切な”飲み方”

f:id:senaharu:20190127233714j:plain

超お手軽ダイエットとは言え、きちんと効果を狙うなら、飲み方に3つのルールがあります。

  1. ブラック(無糖)で飲むこと
  2. フレッシュを入れないこと
  3. ホットで作る場合は、お湯を沸騰させないこと
ダイエット効果を狙っているのに、砂糖を入れて糖質を取るのでは意味がありません。
 
どうしても苦みが我慢できない人は、コーヒーフレッシュを入れるのではなく少量の豆乳で代用してください。
市販のコーヒーフレッシュは糖質や脂質が多いので、ダイエット中は控えましょう。

頻繁にスタバやカフェに行く人は、これを機にソイラテに変えることをオススメします

また、身体を冷やすアイスよりもホットの方がダイエット向きではありますが、脂肪燃焼を促すクロロゲン酸は熱に強くありません。
 
ホットで作る場合は沸騰させず80℃程度にしておくと、より多くのクロロゲン酸を摂取できて効果的です。
 

▼低糖質パンとも相性抜群!

もっと楽で効果の高い【ダイエットコーヒー】を試したい

コーヒーダイエットについて調べると、想像以上に楽で簡単でお金のかからないダイエット方法でした。

とは言え、ダイエットを頑張っていると、

たくさんお水を飲まなきゃ…

炭酸水を飲むようにしてるんだよなぁ

筋肉を落とさないためにもプロテインを!

なんて、口にするものに関してもより良いものをと敏感になってしまいますよね。
特に筆者は普段からコーヒーを飲む習慣がないため、どうせ飲むならもっと効果の高そうなものを飲みたいと思ってしまいました。
 
コーヒーダイエット自体はインスタントコーヒーや缶コーヒーで十分に効果が得られるダイエットですが、【ダイエットコーヒー】と謳った商品はたくさんあります。
 
その中で筆者が効果が高そうと注目しているダイエットサポートコーヒー をご紹介します!
 

コーヒーなのに「基礎代謝」と「筋肉量」を落とさず痩せる

コーヒー嫌いな筆者が「挑戦してもいいな…」と唯一思っているのが、ダイエットサポートコーヒーカフェテイン です。
 

 

カフェテイン はコーヒーなのにタンパク質を含んでいるため、食事制限や有酸素運動で減少しがちな筋肉量の維持効果があります。

ダイエットの成功とは、あくまで健康的で綺麗なボディラインを手に入れることですよね。

▼カフェテイン に含まれる栄養素はこちら

f:id:senaharu:20190128004914j:plain

(画像は公式HP引用)

最近は運動量の少ない女性でもプロテインを飲むことは珍しくありませんが、コーヒーダイエットと同時にタンパク質を取れるのは理想的だと思います。

プロテインが体質に合わず肌荒れする人も少なくないですから、コーヒーで飲めるのは嬉しいですよね

タンパク質摂取のために肉食ダイエットなんて言葉もありますが、食事だけで必要なタンパク質を摂取し続けるのは大変なのでサポート的にも利用できて一石二鳥です。

 

フルーツ青汁やスムージーなどは、健康と美容にいい栄養素が豊富なぶん、糖質脂質も多く含んでいるのでダイエットの近道とは言えません。

 

プロテインはよほど身体を鍛えている人でもない限り、3食の食事にプラスしてごくごく飲むものではありませんよね。そんなことをしてはただ太るだけです。

 

コーヒーなら1日に何杯飲んでも太ることを心配する必要はないですし、忙しかろうが疲れていようが習慣として続けやすいです。

 

アレンジ自在でさらに飲みやすい

f:id:senaharu:20190127000416j:plain

コーヒーダイエットの基本はブラック(無糖)で、コーヒーフレッシュもNGです。

しかし、カフェテイン では美味しい飲み方を紹介してくれています。

 

【1】シェイカーでラテコーヒー

カフェテイン の基本の飲み方ですが、水かお湯と一緒にシェイカーの中に入れて振ることで、飲みやすく泡立ったラテになります。

カフェで飲むコーヒーが好きな人でも、オシャレで飲みやすいラテコーヒーなら満足度が高いはず!

【2】牛乳でカフェラテ

カフェテイン は無糖ですが、牛乳を加えたラテにすることで満足感が増えます。

朝食を抜きがちな筆者の場合、慌ただしい朝でも飲めそうで重宝しそうです。

【3】豆乳でソイラテ

甘いもの好きで豆乳も大好きな筆者にとって、小腹の空いた午後の一息つきたいときに飲みたいです。

豆乳なら罪悪感も少なくアレンジしやすいですし、特に女性には嬉しいですよね。

【4】牛乳+氷でフラッペ

ダイエット中でもアイスやデザートを食べたいですよね。

そんなときでも、コーヒーの脂肪燃焼効果はそのままに、タンパク質を摂取できるカフェテイン フラッペなら我慢する理由がないと思いませんか?

 

毎日のコーヒー代やカフェ代を考えればむしろお得!

f:id:senaharu:20190126211035j:plain

ダイエットサポートコーヒー という肩書だけあって、お値段は気になるところですよね。

とは言え、普段のコーヒー代を考えるとむしろお得になる人が多いことが分かりました!

 

例えば、缶コーヒー(120円)を毎日1本飲んでいるとします。

1ヶ月でかかる費用は3,600円以上になりますよね。

 

週2のペースでスタバやドトールに行っている人ならどうでしょう?

メニューやサイズによりますが、1杯300円以上はすることがほとんどですから、そうすると1ヶ月でやはり3,000円以上のコーヒー代になります。

 

カフェテインは通常価格だと5,980円の商品ですが、定期便なら初月1,980円2ヶ月目以降3,980円です。

定期便と言えど継続の約束はないので安心して試せますし、2ヶ月分で5,960円なので十分にお得な値段設定です。

コーヒー代がいつもと変わらず済むなら、ダイエット効果が高い方がいいかも!

自分のためにコーヒーダイエットについて調べていましたが、筆者はコーヒー嫌いで家にコーヒーのストックもないので始めるならカフェテインだなって気がしてきました!

まとめ:コーヒーダイエットは楽で簡単でお金のかからない最強ダイエット!

f:id:senaharu:20190128011500j:plain

炭酸水やお茶が好きで外出先でよく買う筆者ですが、よくよく考えてみると炭酸水だって150円くらいするんですよね。

 

もちろん炭酸水もダイエッターには嬉しい効果があるのですが、月々で同じ価格ならタンパク質も補えるカフェテインは魅力的に見えます。

 

何よりプロテインのような露骨な感じがないので、職場や学校などでも口にしやすいのがいいですよね。

 

今既に発生しているコーヒー代が、そのままダイエットのための出費として置き換わるのも嬉しいポイントです。

もちろん缶コーヒーやインスタントコーヒーでもポイントを押さえればダイエット効果が十分にあるので、ぜひお試しください!

 

▼カフェテインが気になる方はこちら

 

スポンサーリンク