オンラインサロンseraの「ダイエットは継続が10割」

-19kgダイエット後、維持し続けているアラサーによる役に立つダイエット情報

【緑茶でダイエット&美肌】痩せる理由と効果的な飲み方【徹底解説】

緑茶にダイエット・美肌効果が含まれていることを、ご存じでしょうか?

ここでは特に日本人に馴染みが深い緑茶について、

  • なぜダイエット効果があるのか
  • ダイエット効果を得られやすい飲み方
  • どんな美肌効果があるのか
  • 飲みすぎてはいけない理由

の順にご紹介していきます。

正しく緑茶を摂取し、ぜひあなたの健康と美容に役立ててください。

 

 

【痩せる理由】カテキンによって血糖値上昇が抑えられるから

f:id:senaharu:20210714220313j:plain

体が脂肪を蓄えるのは、すい臓からインスリンが過剰に分泌されたときです。

インスリンは血糖値上昇にともなって分泌され、その量が過剰なとき、糖を中性脂肪に変えて蓄えてしまいます。

ダイエットを成功させたければ、血糖値を急上昇させない食事を意識するのが有効です。ここで緑茶の出番です。

 

緑茶にはカテキンというポリフェノールが豊富に含まれます。

このカテキンに食後の血糖値上昇を抑える効果があるのです。

 

さらにダイエット効果を得るための2つのコツ

【1】食事中・食後に飲む

f:id:senaharu:20210714220417j:plain

飲むタイミングは食事中食後にしましょう。

カテキンのダイエット効果は血糖値上昇を抑えることですから、空腹時に飲んでも効果が得られません。

もちろん砂糖たっぷりのジュースを飲むよりは、カロリーゼロのお茶のほうがダイエット向きなのは言わずもがなです。

 

【2】糖質の多い食事のときに飲む

f:id:senaharu:20210714220632j:plain

血糖値の上昇は、糖質を多く食べたときに起こります。

糖質にはごはんやパン、麺類、スイーツなど種類はさまざまありますが、これらは食卓に必ずと言っていいほど並ぶものばかりです。

(糖質の種類によっても血糖値の上がりやすいもの、そうでないものがありますが、ここでは説明を省きます)

 

カテキンがもたらすダイエット効果は血糖値の上昇を抑えることですから、糖質が多いものと一緒にいただくのがおすすめです。

 

ちなみに脂っこい食事のときは、烏龍茶のほうがダイエット効果を期待できます。

烏龍茶のダイエット効果については、こちらで紹介しています。

www.kon-katsu-30.com

 

美容効果

緑茶に含まれる成分によって、2つの美肌効果が期待できます。

 

【1】抗酸化作用による老化防止(アンチエイジング)

f:id:senaharu:20210714221237j:plain

カテキンは血糖値の上昇を抑える以外にも、抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用とは「体内のサビ」といわれる過剰な活性酵素の発生を防いだり、減らしてくれる作用のことです。これはビタミンCビタミンEでも得られる働きですが、緑茶カテキンの抗酸化作用はそれらの2~3倍といわれています。

 

緑茶以外のお茶にもカテキンは含まれますが、緑茶は特に多く含有しており、活性酵素の除去作用が強いと言われます。

シミ・しわ・たるみに対策に緑茶は有効です。

 

【2】ビタミンCによる、ニキビ・しみ・そばかす対策

f:id:senaharu:20210714221148j:plain

緑茶は豊富なビタミンCを含んでおり、レモンの3~5倍ともいわれます。

水溶性ビタミンであるビタミンCは熱に弱いのですが、抗酸化作用によって緑茶のビタミンCは熱に強いため、より摂取しやすいが特徴です。

 

ビタミンCはコラーゲンを合成力を高め、継続的に摂ることで肌の健康を保ちます。

また、メラニン色素を薄くする作用があるため、しみ・そばかす対策にも有効です。肌のきめを整えるので、ニキビ予防の効果も期待できます。

 

カフェインの過剰摂取をさけるため玉露には注意

f:id:senaharu:20210714220729j:plain

ここまで読まれた方の中には

 

これはもう緑茶飲みまくるしか

 

と思われた方もいるかもしれません。

しかし、過剰に飲むことがないよう注意する必要があります。

緑茶にはカフェインが含まれるからです。

 

カフェインというと、コーヒーやエナジードリンクのイメージが強いかもしれませんね。

 

コーヒー100mlあたりのカフェイン含有量は60mg。

煎茶100mlあたりのカフェイン含有量は 20mgですから、コーヒーの3分の1程度です。

 

一見少ないように思えますが、緑茶の中でも玉露を好んで飲まれる方は要注意です。 

 玉露100mlあたりのカフェイン含有量は、なんと160mgコーヒーの2.7倍にもなります。

 

カフェインを過剰摂取することによる健康被害として、不眠症、吐き気、めまい、下痢などさまざまな症状が報告されています。

日常で玉露をがぶがぶ飲む人は少ないと思いますが、私たちは1日のうちにコーヒーやエナジードリンクなどその他の飲み物からもカフェインを口にする機会があります。

 

緑茶による健康効果を期待して、知らないうちにカフェインを過剰摂取していた…なんてことがないよう、気を付けましょう。

 

【まとめ】緑茶にはダイエット効果・美肌効果が期待できるが、カフェインの過剰摂取には注意が必要

緑茶のいいところは、

  • カテキンの血糖値上昇を抑える働きで、ダイエット効果がある
  • カテキンとビタミンCの作用で、美肌効果がある

 でした。

反対に注意点としては、

  • カフェインを含んでいるため、過剰摂取は注意
  • 特に玉露はコーヒーの2.7倍のカフェインを含んでいる

ということでした。

 

私は緑茶に限らずお茶はなんでも大好きで、毎日飲んでいます。

とはいえ、いちいちカフェインの摂取量を気にかけるのが面倒です。

(実は気にしつつ計算したことはありません)

 

そこで、せめて睡眠に影響をきたすことがないようにカフェインの門限を設けています。

14時以降カフェインを控えると、夜の睡眠への悪影響はないそうです。

www.kon-katsu-30.com

お茶やコーヒー好きの方、寝つきが悪い方はぜひお試しください。

スポンサーリンク